iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。

台風18号がやってきた!iPhone6の気圧計で台風の気圧を測定!意外にも健康管理に使えそう。

http://www.flickr.com/photos/44548531@N03/4094912674
photo by Muhammad Ismail .H, PHD,

大型台風18号が来るということで、iPhone6の新機能「気圧計」を使って台風時の気圧を測ってみました。

Siriに聞いてみた

iPhone6の標準アプリか何かで気圧計があるのだと思ったのですが、見当たらず。そこで、Siriに「現在地の気圧は?」と聞いてみました。

すると、天気予報と一緒に気圧を教えてくれました。すごい!Siriは何でも知ってるなぁ。iOS8になってSiriの性能が上がったからでしょうか。
f:id:starline1201:20141006154618p:plain

以前Siriと会話したときも、人間と会話している感覚に陥るほどなめらかでした。

そして、台風なのに気圧低いな。と思った方。正解です。本日起きたのが10時過ぎだったため、気圧計測出来たのが12時半。台風一家が去った後でした(´Д`;)

釣り人、登山者、頭痛・喘息持ちの人も簡単に気圧が測れます

f:id:starline1201:20141006153139p:plain
この気圧が本当に正確かというと調べようがないので、わかりません。そのため、目安の数値にはなってしまいますが、瞬時に今の気圧を測れると色々便利ではないでしょうか。

例えば、頭痛持ちの方や喘息持ちの方は、気圧の変化を見て、自分の健康状態を把握出来る様になるかもしれません。

意外に体の不調って気圧に左右されていたりする様ですね。

今回測った気圧を測った「気圧計」のセンサーを始め、加速度センサーやジャイロスコープなどの機能がiPhone6に搭載されています。これをきっかけとして、Apple社が本格的にヘルスケア分野に進出したことを考えると、これから続々と健康管理系のアプリが出てきそうな予感。

ちなみにAppleはiBookで『iOS in helath care』を発表するなどして、医療業界に殴り込みをかけている模様。


アウトドアでの活動をしている方はもちろん、健康に関する不安がある方は健康管理の情報集積場所としてiPhone6を活用してみてはいかがでしょうか?