読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone最新情報

iPhoneSE・iPhone7・iPhone7 Plusを予約・購入する方法や在庫入荷状況に関する記事を掲載。使用感レビューも。更にお得な購入方法や料金プランも解説!

iPhone6/iPhone6 Plusのシルバーはシルバーだろ!と私の中で特に話題でもなかったが、せっかくなのでPhotoshopのスポイトで採色してみた

f:id:starline1201:20140915005156p:plain
前回、スペースグレイ・ゴールドって結局のところどんな色なのか気になって、iPhone6/iPhone6 Plusのスペースグレイ・ゴールドの画像をPhotoshopで採色してみました。

結果、スペースグレイはいぶし銀、ゴールドは橙(オレンジ)な感じだってことが分かりました。今でもゴールドの結果には納得できていません。

でも、ここまで来たら、シルバーもカラーコードで表してみよう。ということで、iPhone6/iPhone6 Plusのシルバー画像をPhotoshopで色を取ってみました。

シルバー(銀色)の定義は?

シルバーの定義ってご存知ですか?「銀の色」なんですが、もっと詳しく周りにネタとして話せるかもしれないということで、シルバーの定義を頭の片隅に入れてみましょう。

シルバー(銀色)とは

Wikipediaを見てみたけど、銀色に関する定義は掲載なし。そこでnicovideoを参照しました。

そうだなぁ・・・・音楽CDの裏面とか100(50)円玉でも見てもらった方が解りやすいかな?ちなみに、編集者はasahi「スーパードライ」を飲みながら編集しているのでこの缶の色と言いたいです。

なるほど。私もビールはスーパードライ派です。
さらに読んで行くと…

いわゆる光沢のある灰色でコンピュータなどでは表現しづらい色である。
なおWebカラーのsilverは、カラーコードが#C0C0C0である。

シルバーは、カラーコードが#C0C0C0って定義されているようです。なるほど。今回はどこまで近づけるでしょうか。

さて、シルバーも採色します

シルバーはシルバーだろと思いつつ、前回と同じ様にPhotoshopで採色です。
今回もゴールドと同様、Appleオンラインストアのダウンロードコーナーに使用できる画像がなかったので、以下のサイトから画像を拝借致しました。

STEP1:画像をキャプチャーで取ってくる

f:id:starline1201:20140918083014p:plain

これで準備はOK。次へ移ります。

STEP2:目測で一番色が明るいところをPhotoshopで採色

目測で一番明るい右下端の色をスポイトでとります。
f:id:starline1201:20140918084219p:plain
結果、#f5f7f6。「薄い無機質な緑」と命名されました。
無機質なって…。まあ、iPhoneと言えども物質ですからね。合ってると思いますよ。でも、緑なの?

※命名はこちらのサイトにしていただきました。

STEP3:目測で一番色が暗いところをPhotoshopで採色

目測で一番暗い左下端の色をスポイトでとります。
f:id:starline1201:20140918084238p:plain
結果、#c6c7c9。「淡い無機質な青」と命名されました。こちらはWebカラー(silver)の#C0C0C0に非常に近いですね。そして今度も無機質なと言われました。合ってるけど、青って…。

結果は青と緑という結果に…

ゴールド同様、各方面からお叱りを受けそうな結果になってしまいました。大変申し訳ありません。
アンケート結果的には、iPhone 6の人気色2位だったシルバー。いち早く、店頭でその色を確かめてみたいと思います。