iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。

iphone 6/iphone 6 PlusのSIMフリーとSIMロックって何?どっちがいいのかメリットとデメリットを考えてみた

http://www.flickr.com/photos/74279471@N00/10624435616
photo by smjbk

9月19日に発売が決定したiPhone 6/iPhone 6 Plus。iPhone 6はSIMフリーの機種が発売されるので、話題になっています。

その話題が出ると同時に、私のFacebookには「SIMフリーってなに?」という声が結構多く聞かれました。

そこで今回は、SIMフリーとは?SIMフリー版とキャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)で購入するのとどっちがいいの?の答えを考えてみました。

SIMカードって何?

まずは「SIMカード」とは何か?という疑問から解決して行きましょう。

SIMカードとは、スマートフォンやタブレットの中に入っている小さなICカードのことです。このSIMカードには通信をするために必要な情報が記録されています。

*1

http://www.flickr.com/photos/16105436@N00/8020419862
photo by Kai Hendry

SIMカードは4種類あり、iPhone 6/6 Plusには「nano SIM」という最小サイズのSIMカードが使用されています。*2

SIMフリーとは?

まずは「SIMフリーとは?」という疑問から解決して行きましょう。
SIMフリーとは、

SIMフリーとはケータイやスマートフォンの利用に際し、携帯電話事業者(キャリア)ごとのSIMカードを選ばずに携帯電話・スマートフォンを使えることです。*3

通常は、SoftBankの端末はSoftBankで契約したSIMカードだけしか使えない。という感じで、契約した通信会社のSIMカードしか使えません。

ちなみに、「契約した通信会社のSIMカードのみ使える」という状況を「SIMロック」と言います。

SIMカードがないとiPhoneはどうなる?

これに関してはマイナビさんの記事が非常に詳しく解説してあります。

結論から言うと、iPhoneからSIMカードを取り外して使うことは可能です。携帯電話としての機能は利用できなくなりますが、アプリを利用したり、音楽を聴くことも可能です。

つまり、携帯電話回線を利用した電話(音声通話)やSMSと、MMSは使用できなくなりますが、それ以外の機能はかなり多く使えるということ。ただし、

SIMカードなしにメジャーアップデートすると、機器認証(アクティベート)を完了できず、iPhoneが"文鎮"になってしまいますよ。

とのことなので、注意が必要です。

iphone 6/iphone 6 PlusのSIMフリーを選ぶメリット

今回SIMフリーとSIMロックの2種類がiphone 6/iphone 6 Plusでは選べることになっています。

SIMフリーだとどんなメリット・デメリットがあるのか。SIMフリー版とSIMロック版を比較検討してみましょう。

本体価格で比較

iPhone 6の一括価格
ドコモ au ソフトバンク SIMフリー
16GB(ギガバイト) 73,872円 72,360円 70,080円 73,224円
64GB(ギガバイト) 86,832円 85,320円 83,280円 86,184円
128GB(ギガバイト) 97,200円 96,120円 94,080円 96,984円
iPhone 6 Plusの一括価格
ドコモ au ソフトバンク SIMフリー
16GB(ギガバイト) 86,832円 85,320円 83,280円 86,184円
64GB(ギガバイト) 97,200円 96,120円 94,080円 96,984円
128GB(ギガバイト) 99,792円 9万9360円 99,360円 107,784円

料金プランやiPhone関連の割引を加味するとまた違ってくるのですが、本体価格だけで比較すると、ソフトバンク勝ちです。
※金額については9月14日時点のものです。

携帯料金の節約度

SIMフリー SIMロック(ソフトバンク・au・ドコモ)
格安SIMが使える SIM差し替えが出来ない
キャリアの割引を受けられない キャリアの割引を受けられる

SIMフリー版iPhoneで格安SIMを使えば、契約によっては1,000円以下で済むようになる可能性大。これはお得ですね。

ただし、プランは各SIMによって異なりますし、利用可能なデータ量が少ない場合もあります。格安SIMをお使いになる方は、家にも職場にもLAN環境がある方が最適かと思います。

SIM通 便利アプリ情報 さんでも、

規定のデータ通信量を超えると通信速度に制限がかかったり、あるいは追加料金が必要になったり。格安SIMを使い倒すためには、細かくデータ通信量を把握することが大事なのです。

と言われている通り。

アプリとか写真とか結構ダウンロードしたりするんだよなー。YouTube結構見るなー。なんて方は色々策を講じなくてはいけないので、慣れていない方はかなりの手間がかかってしまうと思います。

対策に関しては、以下のサイトが詳しく書いているので、参考にしてみて下さい。

海外旅行や海外出張等、海外での利便性

http://www.flickr.com/photos/82365211@N00/4732335283
photo by kalleboo

SIMロック版をSIMフリーにする契約が出来ない(SIMロック解除不可)のもiPhoneの特徴。

3社の広報に確認したところ、いずれもSIMロックがかかった状態で販売するという回答だった。販売後のSIMロック解除についても応じない。

ということは、海外出張や海外旅行の際は、現地のSIMを使うことが難しくなります。海外でも自分の携帯を使いたい方はSIMフリーiPhoneの方が使い勝手は良いでしょう。

もちろん、海外でSIMロックが全く使えない訳ではありません。Wi-Fi環境を整えればOK。ただ、SIMフリーより利便性が落ちる可能性が高いです。

ソフトバンク・au・ドコモのプランを加味した比較

http://www.flickr.com/photos/82365211@N00/4450303200
photo by kalleboo

キャリアでは回線契約をともなう割引が実施されてます。実質0円になったりしちゃいます。

その反面、SIMフリー版では端末代金がそのままかかります。本体代金が最も高いiPhone 6 Plusの128GBだと約10万が必要です。
ただし、一括は無理という方のために、分割払いすることが出来ます。今ならAppleローン 分割金利0%キャンペーン中だから活用してみる価値はありそう。

あと、SIMフリーだと各キャリアで行われている保証サービスには入れません。万が一のトラブルに見舞われた際の安心を得たいのであれば、キャリアの方が良いでしょう。

ここまで見たけど、色々面倒。と思った、そこのあなた。

http://www.flickr.com/photos/55452199@N07/8577379588
photo by stavos

今回SIMフリーiPhoneが日本で正式発売されることによって、今後格安SIMを取り巻く状況も変化していくと思います。

今は「ソフトバンク・au・ドコモ」ってキャリアがすごく有名で「格安SIMってなに?」という印象だではないでしょうか。しかし、今後は徐々に「格安SIM」って看板も各地で見られる位有名にになるんじゃないかなと思っています。

「よくわからないし、契約後も誰に質問していいか分からない」と思われる方は、今までと同じ料金を支払うことにはなりますが、各キャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)で契約するのが安心感が高いと思います。

新料金プランやMNP(ナンバーポーテビリティ制度)を活用することでの携帯代節約を目指す方が、時間効率が良いかもしれませんしね。

以上、iPhone6/iPhone6 Plus のSIMフリーとSIMロックのメリット・デメリットを考えてみました。参考にしてみて下さいね。

2014/12/18追記

2014/12/09の時点で、SIMフリー版のiPhone6、iPhone6プラスが販売停止になっています。

Appleからの正確な回答はないままですが、急速に進んだ円安の影響が考えられます。

発売再開の続報が出次第、お伝えします。