iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

iPhone6sを総まとめ!色・サイズ・重さなど、これであなたもiPhone6s/6sプラスの基礎知識はバッチリです。

http://www.flickr.com/photos/30013612@N03/16307121282
photo by LoKan Sardari

前の記事でも紹介されたiPhone発売日が9月18日説が濃厚となり、9月9日のイベント発表が待ち遠しくなってきました。そこで、発売前のiPhone6sと6sPlusのスペックを比較や搭載される機能などをまとめて、iPhone6sと6sPlusの魅力をご紹介しようと思います。

iPhone6s、iPhone6sPlusの基本スペック(噂)

iPhone6s、iPhone6sPlusのサイズ

リークされている情報を基に、まとめてみました。もちろん、以下の内容は不確定ではありますが、サイズ感が大幅に変わるということはなさそうですね。*1

iPhone6 iPhone6s
高さ 138.1mm 138.342mm
67.0mm 67.913mm
厚さ 6.9mm 7.014mm
重量 129g 129g?
iPhone6Plus iPhone6sPlus
高さ 158.1mm 158.254mm
77.8mm 78.754mm
厚さ 7.1mm 7.3mm
重量 172g 172g?

結構持った感じは大事なので、サイズを見て、どの機種に買い換えるか決めるのも良さそうです。

iPhone6s、iPhone6sPlusに新色追加?

カラーバリエーションに変化があるのでしょうか。実は、iPhone6sでは「ローズゴールド」という新色が発表されるという噂があります。

iPhone6 スペースグレイ、ゴールド、シルバー
iPhone6s スペースグレイ、ゴールド、シルバー 、新色ピンク(ローズゴールド)
iPhone6Plus スペースグレイ、ゴールド、シルバー
iPhone6sPlus スペースグレイ、ゴールド、シルバー 、新色ピンク(ローズゴールド)

リークサイト等によりますと、従来の色に加えて新色のローズ・ゴールド(ピンク)が新たに追加される見方が出ていますが、偽物の可能性もあるとの見方も出てきています。AppleWatchで多色展開したことを考えると、今回のiPhone6sでも新色が追加されてもおかしくないと思うので、女性に人気の出そうなローズゴールド(ピンク)に期待大です。

CPUの強化

http://www.flickr.com/photos/22757878@N00/5148606748
photo by tsukacyi

CPUとは、コンピュータの制御や情報転送を司っている中枢部分のことを言います。人間の脳と同じと思えば良いかもしれません。そのCPUがiPhone6sになるとA9、さらにクアッドコアになる予想です。そうなれば、

チップの消費電力が大幅に減りバッテリ駆動時間が延びる。または、同じバッテリ時間で、性能が伸びる*2

とのこと。駆動時間が延びれば、ゲームなどをしすぎてバッテリーがもたない!という場合や、前日充電し忘れてピンチ!なんてことが少なくなりそう。

iPhone6 A8(デュアルコア)
iPhone6s A9(クアッドコア)
iPhone6Plus A8(デュアルコア)
iPhone6sPlus A9(クアッドコア)
iPhone搭載のCPU遍歴

歴代iPhoneCPU一覧表(iPhone3G・3GSのCPUは名称がSamsungなので対象外)

モデル チップ名称 動作周波数 搭載メモリー
iPhone4 Apple A4 800MHz 512M
iPhone4s Apple A5 800MHz 512M
iPhone5 Apple A6 1.3GHz 1GB
iPhone5s Apple A7 1.3GHz 1GB
iPhone6 Apple A8 1.4GHz 1GB
iPhone6s Apple A9 1.85GHz? 2GB?

iPhoneのCPUが変更される時期はSシリーズの発表とマイナーアップデートの時が多いので、今回のiPhone6SもA9チップが搭載されるのは確実ではないでしょうか。搭載メモリーもiPhone6発表当時は1GBなのか2GBなのか話題となりましたが今回のiPhone6Sで2GBのメモリーが搭載されると言われています。

RAM

RAMと言われても、普段何気なく使っているとわからないですよね。マイナビさんによれば、

プログラムの実行やシステムを統括する役割のCPUは「頭脳」、書き換え頻度が低い(パソコンにおける「ROM」は読み取り専用)データの保存場所はROMは「書棚」にたとえられます。そしてプログラムが作業領域として使用するRAMは、図面やノートを広げておく「机」といったところでしょうか。*3

そのRAMもiPhone6s、iPhone6sプラスでは性能が上がってきそう。CPUの性能アップと合わせて考えると、使い勝手の良い端末になりそうです。

RAM
iPhone6 1G
iPhone6s 2G
iPhone6Plus 1G
iPhone6sPlus 2G

カメラが更に高性能に。自撮りにも対応?

http://www.flickr.com/photos/38687875@N00/3466964233
photo by Dustin Diaz

iPhone6では800万画素カメラを搭載されてましたが、iPhone6Sから背面1200万画素でセルフィー機能が強化されてインカメラ画素数が500万画素にアップするそうです。カメラの性能が上がる*4れば、みんなで集合写真撮った時や、自撮りしてSNSに投稿する場合に、今以上に綺麗な写真をみんなと共有することができますね。

iPhone6 800万画素
iPhone6s 1200万画素4K動画対応?
iPhone6Plus 800万画素
iPhone6sPlus 1200万画素4K動画対応?

iPhone6s、iPhone6sPlusのメモリー容量

一方、メモリー容量は変わらないという見方が多いようです。メモリー容量は、写真や動画、アプリを保存するのに影響するので、これらのアプリを使う頻度が高い方にはちょっと残念なお知らせですね。写真・動画・ゲームなどをiPhoneに多く保存される方は64GBか128GBをおすすめします。16GB、64GB、128GBで迷っている方は、以下の記事をご覧ください。

iPhone6 16GB/64GB/128GB
iPhone6s 16GB/64GB/128GB
iPhone6Plus 16GB/64GB/128GB
iPhone6sPlus 16GB/64GB/128GB

感圧タッチがついにiPhoneにも。

http://www.flickr.com/photos/48889052497@N01/18627040910
photo by Jeffrey

今回のiPhone6s・6sPlusで新たな機能が搭載される感圧タッチパッド機能、詳細な機能や用途はまだ不明なのですが、ジェスチャー機能強化や画面を押す強さによってアプリにも色々変化や仕掛けが可能になるかも知れませんね。*5

iOS9が搭載される模様

http://www.flickr.com/photos/69129230@N00/18422722439
photo by ph_montenegro

iPhone6s発表と同じタイミングでIOS9 もお目見えすると思います。iOS8との違いはメモ帖アプリのバージョンアップとバッテリー管理機能の強化と言われており、注目です。メモ帖は手書き入力や画像添付が可能になるそうで使い勝手が良くなり、バッテリー管理も改善されて従来比10%程電池持ちが長く持つようになると言われています。*6

iPhone6s、iPhone6sPlusの噂まとめ

http://www.flickr.com/photos/96126585@N03/20878700111
photo by Bob Jouy

その他にも新しいAppleTVや大画面iのPad等も発表されるのでは?と噂されてますし今後のApple製品の展開やiPhone6S・6SPlusがSIMロック解除義務化後の3キャリアの動向など気になる話題が多いので楽しみですね。

各方面様々な噂やリーク情報合戦を繰り広げながら9月9日の発表を首を長くして待ちましょう。発売後に詳細がわかり次第、追記していきますので、ぜひブックマークしておいてくださいね。以上、「iPhone6sを総まとめ!色・サイズ・重さなど、これであなたもiPhone6s/6sプラスの基礎知識はバッチリです。」でした。