iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

iPhone7は防水加工?TORQUE G02以上の防水機能が備われば、トイレやレジャー時に間違えて水没させることもなくなるかも。

http://www.flickr.com/photos/127041099@N08/16476852351
*1

DEGITIMESによると、次の新型iPhone 7(仮)は、防水仕様になり、Dラインと呼ばれるアンテナが消えるのではないかと報じています。

The upcoming new iPhone products are rumored to be water-proof and use new compound materials to hide the antenna, the paper said, adding Catcher's supply is expected to account for 30-35% of the new iPhone's shipments.

バックライトの流出画像をみても、iPhone7は大きく変化しそう。

防水仕様になるということは、かなり大きな変化。それに伴って、Dラインと呼ばれるアンテナ部分が隠れる形になっているのかもしれません。

防水の規格は下記のように、8等級に大別されています。*2

保護等級 保護の程度 IEC規格
8 継続的に水没しても内部に浸水しない IPX8
7 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない IPX7
6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない IPX6
5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない IPX5
4 あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない IPX4
3 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない IPX3
2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない IPX2
1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない IPX1
0 特に保護されていない IPX0

現状ではiPhone7がどの程度の保護等級になるのかわかりませんが、auから完全防水スマホ「TORQUE G02」(保護等級8級)が発売されたことを考えると、iPhone7も防水機能を備えている可能性は十分にあります。大きく変化する可能性のあるiPhone7。その変化に期待大です。以上、「iPhone7は防水加工?TORQUE G02以上の防水機能を備えてくれると、トイレに落としたりレジャーの際に間違えて水没させることもなくなるかも。」でした。

iPhone7の他のリーク情報については下記の記事も参考にしてみてくださいね。