iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

iPhone7のカメラに出っ張り?広がることが予想されるiPhone7のカメラ部分はセルフィー好き・カメラ好きは要チェック!

iPhone 7/7PRO 3d models

iPhone7に、新しい情報が舞い込んできました。どうやら、外観部分のデザインにも大きな変化がありそうな予感です。イヤホンの部分が無くなっていることは既に判明していますが、どうやらカメラ部分が大きくなることがわかってきました。これはガッカリマイナーチェンジじゃなくなってきたかも。iPhone7がガッカリマイナーチェンジになりそうという記事はこちら。

次のiPhone7のカメラは従来のiPhoneカメラより、かなり大きなものに変更されることになりそうです。

出っ張りが大きくなり、セルフィーしやすくなりそう。

20140724-DSC03018

今回判明している情報は「iPhone7がカメラ部分の出っ張りを大きくすることによって、レンズを大きくしている」ということのようです。従来まで利用されているレンズよりも大型のものを採用することによって、写真の画質の向上や撮影に関わる部分の変更を加える事ができそう。

個人的にはセルフィー機能の向上や、今まで難しかった背景のボケ感をうまく引き出せるようになって、一眼レフ持ちも真っ青!みたいなことが起きるととても面白いと思っています。

ちなみに、今回のカメラ改良の可能性が判明した理由は、外観部分の画像が突然リークして(漏れて)しまったことです。どうやら中国から流出したとされている画像では、出っ張りの部分がかなり大きくなっており、通常よりも目立つようになっています。外観自体は、iPhone6と同じ大きさを採用することが濃厚となっていますが、カメラ部分を変更することで、新しいところをアピールしたいという狙いもあるのだと思います。

iPhoneカメラを日常的に利用する方には朗報だけど…

iphone7

今回判明した情報は、カメラを利用する方には非常にうれしい情報ですね。撮影するときの負担を軽減してくれたり、撮影しやすい状態になっているなど、良さを増やすことができそうです。しかし、カメラをあまり利用しない方にとって、iPhone背面カメラの出っ張りがさらに障害になり、持ちづらい部分が見えているのは問題かもしれません。

更に気になる部分として、出っ張り部分が横長のような状態になっている画像が流出しています。カメラ部分が今までの丸型ではなく、横長になっているのを見ると、何か違和感を感じますね。しかも、カメラ部分が横長のレンズになると、スッキリしたイメージから離れてしまって、洗練されたApple製品のイメージから少し離れてしまう感じがしなくもないですね。

そんな少しのイメージも気にならないほどの技術革新があることを期待するばかりです。

スピーカーも増加?

iPhone 7?

背面部分にイヤホンの部分が取り外されていることが判明していますが、穴が大量につけられていることもわかっています。この穴は、スピーカーに利用するものではないかと見られていますが、詳細は不明です。iPad Proには4つのスピーカーが内蔵されたことを考えると、新型iPhoneのスピーカーが進化することも大いに考えられますね。(iPadProのスペック・仕様に関しては下記の記事を参考にしてください。)

スピーカーを増やすことができれば、音質の向上が期待できるようになり、もしかしたら音楽のクオリティを向上させてくれるのかもしれません。この穴については、一体どうなるのか気になるところです。

以上、「iPhone7のカメラに出っ張り?広がることが予想されるiPhone7のカメラ部分はセルフィー好き・カメラ好きは要チェック!」でした。