読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone最新情報

iPhoneSE・iPhone7・iPhone7 Plusを予約・購入する方法や在庫入荷状況に関する記事を掲載。使用感レビューも。更にお得な購入方法や料金プランも解説!

iPhone7 発熱問題の原因とその解消法は?温度的にはどのくらい熱くなるのか、iPhone7を使ってみて感じたことまとめ。

iFail 7155

iPhone7/7 Plusから待望の防水仕様となったおかげで、水回りでの使用が怖くなくなったiPhone。

その一方で、今までのiPhoneよりiPhone本体が熱くなる「iPhone7発熱問題」がネットを賑わしているようです。

初期ロットだけの不良ではとの噂もありますが、iPhone7が発熱する原因や解決法はあるのでしょうか。調べてみました。

iPhone7/7 Plusで発熱問題が勃発

iPhone

以前、Xperiaなどで発熱がひどくアプリケーションが途中で終了してしまうと言う問題で、下記の記事の様にネットを騒がせたことがありました。

その問題がiPhoneでも勃発した理由は何でしょうか。多くの人がそれは『防水機能を搭載したから』と言うのです。これは一体どういうことなのでしょうか。

今までのモデルは隙間から入ってくる空気を使って冷やす「空冷」が出来ていました。しかし、iPhone7/7 Plusでは耐水性能を高めるため、内部を密閉することになりました。

その結果、今までのiPhoneにあった隙間を塞いでしまったため、空冷が出来ずに熱を背面に頼るしかなくなってしまったのです。加えて、高性能になっていくiPhoneのCPUも発熱量が増えて行きます。

これがあいまって、手に汗をかく程度の発熱につながってしまったと考えられます。

私もiPhone7Plusを使っていますが、何かの拍子に背面が非常に熱くなることがあり、気になっていました。火傷するほどの熱さではなく、ホッカイロが最も熱くなった時くらいの温度という感じ

冬場には欠かせないアイテムとして活躍してくれそうですが、夏場はiPhoneが壊れてしまうのでは?と心配になります。

発熱がもたらす問題とは。

では、高温のままiPhone7を使い続けるとどうなるのでしょうか。発熱が出来ない状況のまま使い続けると、アプリケーションが異常終了を起こしたり全体の動作が遅くなったりすることがあります。

これはCPUの処理速度を落として発熱を抑えようと、CPU保護機能が働いた可能性があります。

カメラなどの撮影では非常に高い処理が施されるため、発熱量が高いとすぐにアプリケーションが終了してしまい利用できなくなるケースもあるようです。

さらにスマートフォンの発熱は内部基盤を破壊する可能性があり、最悪のケースではiPhoneが壊れて起動しなくなる可能性もあったりするわけです。

iPhone7発熱問題の解決法は?

iPhone7/7 Plusに関しては、iPhoneケースなどiPhoneのの利用を避けた方がいいのではないかと言う声も上がるぐらい、発熱は問題視されています。

Androidであれば、CPUの動作制御が可能なアプリをインストールすることで解決できます。

しかし、私がApp Storeで探してみた限りではありますが、iPhoneのCPUをクールダウンさせるアプリケーションは今のところ見当たりませんでした。

アプリでの解決は難しいようですが、私のiPhone7は立ち上げているアプリをこまめに終了させることで発熱を抑えることができたので、是非試してみてください。

やり方は簡単。ホームボタンを2回素早くカチカチと押すと、今立ち上がっているアプリが全て表示されます。

その中で使ってないものをバシバシ落としていきましょう。

iPhone8では防水性能が下がる?

iFail 7115

iPhone7/7 Plusの発熱問題ですが、Apple側のとらえ方によっては、iPhone8以降のモデルで防水仕様は性能を下げられてしまうことが考えられます。もしくは防水機能を廃止される可能性もあり得るかも知れません。

すでにXperiaなどのAndroidスマートフォンは発熱量を抑えるために、大幅にハードウェアの仕様変更を行っています。そこから考えると、さらに性能を上げてくるiPhone8では、さらに切実な問題になってくることが安易に予想できてしまいますね。

例えば、CPUのコア数を8コアから4コアや6コアへ落とすことで、CPUからの発熱を抑え、さらに、バッテリーの消費量も減らすことで、長い時間利用できるスマートフォンと言う立ち位置を手に入れました。

処理能力を削るという大きな選択肢に出たAndroid勢。iPhoneはAndroidと同じ道を歩むようになってしまうのでしょうか。*1

2017年はiPhone誕生10周年を祝う大事な年。その年に発売されるiPhoneがどのようなものになるのか、Appleの動向を見守っていきたいと思います。

以上「iPhone7 発熱問題の原因とその解消法は?温度的にはどのくらい熱くなるのか、iPhone7を使ってみて感じたことまとめ。」でした。