iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

iPhone7のホームボタンに変化あり?圧力を感じて動作する「3D Touch」のような仕組みに変更か。

iPhone 5S

iPhoneといえば、真ん中の部分にホームボタンが設置されていて、ここを押すことによって、ホームに戻ることができる仕組みとなっています。非常に便利なボタンとして採用されているところですが、どうやらiPhone7では、ホームボタンが別の方式に変更されるのではないかと予想されています。

ホームボタンが「感圧タイプ」に変更される可能性。

Apple iPhone 6S

従来までは、ボタンを押すことによって、ホーム画面に戻るようにする仕組みが取られていますが、iPhone7では圧力を感じた時にホーム画面に戻るような仕組みに変更される可能性があります。従来からこの感圧タイプは予想されていたものの、今回のiPhone7で導入するのではないかという話が再度浮上してきたのは意外でした。これからパネル画面の情報次第で、確実な情報になっていくと思われます。

ちなみに、感圧というのは「圧力を感じた時に動作するもの」であり、ちょっとした圧力を感じた場合でもホーム画面に戻ってしまうおそれがあります。iPhone6sや、感圧タッチトラックパッド搭載のMacBookにも搭載されているので、その便利さを感じている人もいらっしゃると思いますが、ホームボタンに採用されるとなると、便利になるのか少し疑問です。

ただ、ホームボタンも感圧タイプになるとタッチパネルの中にホームボタンが入るとなると、液晶部分を広げることが可能となります。そのため、感圧タイプが採用されれば更に画面が広くなるかもしれません。

ただし、フューチャーフォン(通称ガラケー)に慣れている人からすると、物理的なボタンがないというのは困惑する1つの原因となりえるので、ガラケーからiPhoneに移行するハードルがさらに高くなるとも言えそうです。

ホームボタン消滅で、従来のiPhoneの操作方法ではなくなるかも。

Home

既にイヤホンジャックが廃止されるのではないかと情報が出ていることに加え、実際に背面部分の画像が出てきた時点で、後方部分に搭載されていないことが判明しています。ホームボタンを感圧式に変更した場合は、ボタン部分も排除される可能性があり、液晶のタッチパネル部分に、ホームに戻る感圧ボタンを付けるのではないかと思われます。

廃止されると、どの部分にホームに戻るのかを知っていなければならないので、購入した当初に確認しなければなりません。ボタンとして付けられていれば、ホームへの戻り方が直感的に分かりやすいと思うのですが、液晶に付けられてしまうようだと、操作するときに苦労することが増えてしまうかもしれませんね。

Appleは既に特許を取得済み。

iphone-patente-camara

感圧タッチ方式に対して、アップル社がすでに特許を取得していることがわかっています。特許を持っているのに、それを利用しないことがありえるのか…。普通に考えれば使ってくるのが当たり前というものです。

使わないまま残しておくことは技術を隠していることになり、Appleにとっても利用者にとっても有益な行為ではないと思います。どうせ特許を持っているのであればどんどん利用して、最新技術をふんだんに盛り込んだiPhone7を期待したいところです。

以上、「iPhone7のホームボタンに変化あり?圧力を感じて動作する仕組みに変更か。」でした。