iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

iPhone7を水に濡らしたらどうすればいい?iPhone7はお湯にも注意が必要なので、防水機能を過信しないように。

iPhone 7 Plus

以前、iPhone7の防水機能は耐水機能であって、防水機能ではないという話をしたばかりですが、

今回は、iPhone7を水に濡らした時の使い方について、Appleから公式に具体的な対処法が公開されました。

iPhone7は乾燥しない限り、充電できない。

iPhone 7 Plus

iPhone7は端末が濡れているときに充電すると破損することが判明しました。アップル公式サイト上には、iPhone7が濡れてから時間を空けて充電を行うように注意喚起がなされています。

iPhone 7 または iPhone 7 Plus が液体にさらされた場合は、すべてのケーブルを取り外してください。また、完全に乾くまでデバイスを充電しないでください。iPhone が濡れているときにアクセサリを使用したり、iPhone を充電したりすると、本体が損傷するおそれがあります。充電したり Lightning アクセサリを接続したりする前に、5 時間以上間をあけてください。
(引用元:取り扱いに関する重要な情報|Apple公式サイト

上記からわかる通り、状態で充電を開始すると、破損することが濃厚となっています。損傷するというのは、基盤の破損やバッテリーシステムに影響が出ることもわかっているので、絶対にそのようなことをしないでください。

「防水」という言葉を鵜呑みにして、iPhone7購入後すぐに破損させることのないよう注意してください。

iPhone7購入後、「やってはいけない」具体例:

Appleでは、具体的に下記のようなiPhone7の使い方は避けるように言及しています。

  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を付けたまま泳いだり入浴したりする
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus に水圧が強い水や流速が大きい水をかける(たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus をサウナやスチームルームで使う
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を故意に水に浸す
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を推奨される温度範囲外または湿度が非常に高い環境で操作する
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を落とすなど、衝撃を与える
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を解体する(ネジの取り外しなど)

上記のように「やってはいけない」と書かれていることは行わず、誤った使い方は避けるようにしましょう。知らずに水没させてしまうと、最悪の場合、補償対象外で修理費用が数万円に上る可能性があります。

温度についても注意喚起あり。iPhone7はお湯にも注意。

早速水浴び。 #iPhone7 #water #waterdrops #black #Apple

水ならなんでも大丈夫というのはわかっていますが、問題はお湯です。熱湯に入れてしまうと破損する可能性が示唆されており、こちらも注意喚起が行われています。

iPhone は、環境温度が 0°C 〜 35°C(32°F 〜 95°F)に保たれた場所で動作し、温度が -20°C 〜 45°C(-4°F 〜 113°F)に保たれた場所に保管するように設計されています。この温度範囲を超える場所で iPhone を保管または操作すると、iPhone が損傷したり、バッテリーの寿命が短くなったりすることがあります。温度や湿度が急激に変化する場所に iPhone を放置しないようにしてください。
(引用元:取り扱いに関する重要な情報|Apple公式サイト

このように、指定されている温度を超えてしまった場合は、破損することが判明しています。熱湯に入れることは避けるようにしてください。また、サウナのように温度が指定されている範囲を超える可能性のあるところでは、使わないでください。

もし破損していなくてもバッテリーがおかしくなる可能性が高いです。バッテリー交換は安いとはいえ、修理に出す手間やを考えるとトラブルは回避しておきたいところ。

特に、銭湯や温泉の湯船につけるなどは厳禁ですし、夏場の車内なども注意が必要です。

乾燥させるためのいい方法

Laundry Drying

Apple社では、乾燥させるために以下の方法が望ましいと書いています。公式に書かれている指示に従って乾燥させれば、とりあえず問題を解消できると見られます。

iPhone を乾かすには、Lightning コネクタを下に向けた状態で、手の上で iPhone を軽くたたき、余分な液体を取り除きます。デバイスを風通しのよい乾燥した場所に置きます。デバイスの Lightning コネクタの中にファンの冷気を直接当てると早く乾かすことができます。
(引用元:取り扱いに関する重要な情報|Apple公式サイト

水に濡れたiPhone7についての、細かすぎるぐらい具体的な乾燥方法にちょっと驚きました(笑)なにはともあれ、もしiPhone7を完全に濡らしてしまった場合は、水分を取り除き、5時間以上乾燥させると覚えましょう。それまでは決して充電したり Lightning アクセサリ(イヤホン等)を接続しないように。

防水機能がついたと報道されているので、iPhone7は水没しないだろうと思っていましたが、結構やっかいな問題を抱えているんですね。iPhone8はより手軽に使えるよう、改良していってほしいです。

これらの情報は、iBooksの「iOS 10用 iPhoneユーザーガイド 」にも掲載されているようです。詳しく確認したい方は、こちらをどうぞ。

以上「iPhone7を水に濡らしたらどうすればいい?防水機能を過信しないように。」でした。