りんごあつめ(旧館)

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

まさかのApple独自仕様?iPhone8/8Plus/Xのワイヤレス充電に、Qiの規格には本来存在しないはずの7.5w充電の存在が発覚。

Qi Wireless Charging Module - 20mm - Lightning Connector

AppleがiPhone8/8Plus/Xから本格的に導入したワイヤレス充電システム。充電の度にLightningケーブルに繋がなくて良いのは、一度慣れるとなかなか離れがたいものです。

さらに、当初5w出力のみ対応でしたが、最新のiOSではより高速な充電が可能な7.5w仕様にも対応しています。

まさに向かうところ敵なし…と思われたiPhoneですが、ここに来て新たな事実が判明しました。

国際規格のワイヤレス充電システム「Qi」とは:

AppleがiPhone8シリーズで採用したワイヤレス充電システムは、国際規格のQiに準拠したものとされています。

これは、Androidなど他のスマートフォンやタブレットでも採用されている標準規格で、世界中の様々なメーカーから、この規格に準拠したワイヤレス充電パッドが発売されています。

従来は、iPhoneの充電はLightning規格のみだったので、充電を行うにはApple純正もしくはMFi認証品のLightningケーブルや、Lightning-microUSB変換アダプターなどを使う必要がありました。

しかし、iPhone8/8Plus/XではQi規格に準拠した充電パッドなら、Appleが認証していない製品でも問題なく充電を行うことが出来るのです。そう、5wまでならね。

え、7.5wはまさかのApple独自仕様?

さて、このQiですが、現在スマートフォン向けには主に5wと8wの2種類の規格が使われています(さらに高出力の規格も存在しますが、記事執筆時点では、対応製品はないようです)。

iPhone8/8Plus/Xでは、当初は5wの充電のみに対応していましたが、その後iOSのバージョンアップにより、現在では最大7.5wまで対応できるようになりました。

5wから7.5wというと、それほど大きな数字上の違いはありませんが、たとえ僅かでも早く充電を終えたいという方にとっては、この差は数字以上の価値があると言っても良いでしょう。

しかし、このiPhoneの7.5w充電について、ここに来て意外な事実が発覚したのです。

Qiの規格には本来存在しないはずの7.5w充電。

この点について、国内のApple関連情報サイト「Macお宝鑑定団」が取材行った内容が上記のリンク先の記事にアップされています。

詳しくはリンク先をご覧頂きたいのですが、どうもこのiPhoneの7.5wワイヤレス充電はAppleの独自規格らしく、Qiの規格の一部というわけではない様子。

元々、AppleはAppleWatchで独自のワイヤレス充電規格を導入しているので、独自規格そのものは珍しくありませんが、重要なのはこちらのポイント。

それは、5wはQi規格に対応しているけど、7.5wは独自規格という、シンプルを信奉するAppleらしからぬ方針を採っていることです。

7.5w充電規格をMFi認証とするのが狙い?

この点については、7.5w対応の充電パッドをMFi認証限定にすることで、品質の向上とライセンス収入の確保を狙っているのではないかと思われます。

あえて5wのみQi規格に準拠させたのも、既存の充電パッド製造メーカーに7.5wのApple独自規格を追加搭載するよう促す為と考えれば、納得がいきます。

ちなみに、私個人の考え方としては、MFi認証やそれにライセンス料が掛かることは肯定的です。

確かに、ユーザー側の金銭的負担がライセンス料の分だけ高まることは否定できませんが、品質の悪いアクセサリを使って安物買いの銭失いになるよりは、よっぽどマシというもの。

iPhoneは1台でもかなり高価なデバイスですから、安心料と考えれば安いものではないでしょうか?

以上「まさかのApple独自仕様?iPhone8/8Plus/Xのワイヤレス充電に、Qiの規格には本来存在しないはずの7.5w充電の存在が発覚。」でした。