iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。

格安SIMの回線速度を比較した結果は?山手線内でdocomo回線使用のSIMカードを比べると意外な結果に。

http://www.flickr.com/photos/74689934@N00/5486720934
photo by Erwin Boogert

格安SIMカードを使おうかな?と思った時気になるのが、回線速度。

いくら安くても、使っていて快適にメールやインターネットができなくては、元も子もありません。

そこで今回は、2015年1月30日に報告された「2015年1月主要MVNO通信速度調査 JR山手線編」という、MMD研究所*1の結果を引用しながら解説していきます。

MVNOとは?

http://www.flickr.com/photos/25286265@N00/8394590596
photo by kawabata

まずは基礎から。MVNOって横文字並べられるとハードルが高いように感じるのですが、簡単です!(きっぱり)

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語にすると「仮想移動体通信事業者」となります。

わからない!といってサイトを閉じないでくださいね(^^; 具体的に説明していきます。

わかりやすく言ってしまえば、他の通信事業者から回線を借り受けて、自社ブランドで再販する通信サービス事業者のことのことです。

例を挙げると、docomoの回線網を借りる代わりに、通信速度は制限しつつ、安く販売するという方法のことをMVNOと呼んでいるんです。

言葉が悪いかもしれませんが、「ドコモ回線切り売り業者」という感じではないかと思っています。

今回の回線速度実験では、docomoのSIMと、docomo回線網を借りている事業者
(NTTコミュニケーションズのOCNモバイルONE、インターネットイニシアティブのIIJmio、日本通信のb-mobile、ビッグローブのBIGLOBE LTE・3GデータSIM)のSIMカードと比較したようです。

ちなみに、「エッジスクリーン」を搭載したでおなじみの「GALAXY Note Edge SC-01G」を使って回線速度を計測したようです。

もし上記の意味がわからない!という方は、「スマートフォンに格安SIMカードを4種類入れて、回線速度を比較した」ということだけ、理解しておいてくださいね。

ダウンロードの回線スピードを比較した結果。

http://www.flickr.com/photos/40644994@N00/15154620329
photo by mah_japan

JR山手線29駅のホームでのダウンロード平均スピードが最も速かった格安SIMはIIJmioで24.2 Mbps、次いでOCNモバイルONEが19.1Mbps、b-mobileが9.1Mbps、BIGLOBE LTE・3GデータSIMが6.7Mbpsとなり、同じdocomo回線を利用しながらも差が出る結果となった。

表にしてみると、一目瞭然。

IIJmio 31.3 Mbps
IIJmio 24.2 Mbps
OCNモバイルONE 19.1Mbps
b-mobile 9.1Mbps
BIGLOBE LTE・3GデータSIM 6.7Mbps

IIJmioとBIGLOBE LTE・3GデータSIMでは17.5Mbpsの差がでました。

さらに、IIJmioは本家のdocomoに追随する勢いの速度が出ているのには驚きです。

ビジネスなどで迅速な対応を必要としている方には、通信速度の早いIIJmioをオススメします。

アップロードの回線速度を比較した結果。

こちらもビジネスにおいて結構重要な回線速度。

一方アップロード平均スピードはOCNモバイルONEが9.5Mbps、IIJmioが10.9Mbps、b-mobileが10.2Mbps、BIGLOBE LTE・3GデータSIMが6.6Mbpsと大きな差はなかった。

アップロードの回線スピードも表にしてみます。

docomo 11.9Mbps
IIJmio 10.9Mbps
OCNモバイルONE 9.5Mbps
b-mobile 10.2Mbps
BIGLOBE LTE・3GデータSIM 6.6Mbps

こちらは差が大きくはないものの、IIJmioに軍配が上がっています。

さらに本家docomo回線とほぼ同じ速度。これはダウンロードの速度とあわせて考えると、IIJmioが断然優勢ですね。

家計節約の鍵MVNO!難しく考えず、まずはシュミレーションを。

f:id:starline1201:20150123174833p:plain
今回ご紹介したMMD研究所の調査は、調べる時間や回線状況に応じて多少なりとも変化するものだと思います。

しかし、大幅に変化するとは考えにくいので、家族の携帯代のスマート化を目指している方には特に朗報だったのでは?と思います。

IIJmioでは、今の携帯代を入力するだけで節約できる金額を算出してくれるシュミレーターがあるので、気になる方はぜひ活用してみてくださいね。

シミュレーションで節約料金をチェック/IIJmio公式サイトへシミュレーションで節約料金をチェック/IIJmio公式サイトへ