iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系のITメディアです。たまにAndroidスマホの話題も。

上司や彼女へのLINE誤爆が削除できる!LINE、いよいよ誤送信のメッセージ削除機能が追加へ。

今や私達にとって最も身近なチャットツールとなったLINE。

しかし、今までこのLINEには誤送信したメッセージを削除する機能が存在しませんでした。でも、いよいよこの状況が変わるようです。

12月よりメッセージの削除機能を追加へ

読者のみなさんも、LINEを使っていて、誤字脱字や間違った相手へ送信してしまうといった、いわゆる「誤爆」を一度くらいは経験しているのではないでしょうか?

私の場合、急ぎの連絡や気軽な会話はもっぱらメールよりLINEを使っていますが、やはり慌てていたことが原因で

  • 個人に送るつもりが、(その人が居る)グループチャットに誤送してしまう
  • 画面を誤タップして、間違ったスタンプを送ってしまう。

といったミスを何度か経験したことがあります。

どんなに気をつけていても、私達は人間ですから、誤送信してしまうことはあります。

でも、今後はこうした誤送信に対して、LINEのメッセージを取り消すことが可能となるそうです。

これによると、12月以降、自分が送信したメッセージを送信後一定の間なら取り消すことが出来る機能が導入されるとのこと。

当初は送信後24時間以内のメッセージが対象ですが、このタイムリミットはユーザー側の反応を見て随時調整が行われます。

なお、削除出来るのはあくまでも”自分自身が送信したメッセージ”なので、他人が送ったメッセージを消すことはできません。

また、導入に際してアプリのアップデートが必要なのかなど、詳細は後日発表となります。

これでヲタバレなどの悲劇も防げる?

この機能が実装されれば、例えば「アニメキャラのスタンプを職場のグループチャットに送信してしまい、次の日会社に行きづらくなった」といった悲劇を防げるなど、特に仕事や目上の相手とのやりとりが多い方にとっては、メリットは多くなります。

最近は、プライベートだけでなく、職場や学校で公式にLINEのグループが使われていることも珍しくありませんから、今回の機能実装はそうした利用者からの要望もあるのかもしれません。

ただ、送信後24時間という削除までの猶予期間は、私個人の意見としては、正直長すぎると思います。

24時間もあれば、大抵の人はその誤送信されたメッセージを見てしまうでしょう。

それから削除したところで、果たして「アニメのスタンプを誤送信した悲劇」がリカバリーできるかと言えば、難しいところ。

また、送信者側も誤送信に何時間も気付かないケースは、恐らく希です。実際、私も過去の誤送信は全て送信直後に気付いていますし、LINEはメールと違って送信内容がすぐ画面上に反映されますから、送った直後に気付くケースの方が多いと推測されます。

であれば、せいぜい3分、長く見積もっても5分もあれば十分ではないでしょうか?

ちなみに、Gmailは送信を取り消す機能を最近になって実装しましたが、こちらは送信後すぐのタイミングだけで、1分も経たず取り消し不可になります。

これはこれで早すぎる気もしますが、EメールはLINEとは違うシステムになっているので、致し方ないことなのでしょう。

まとめ:彼女への誤爆で浮気がバレた。上司への誤爆で会社クビ…そんな事態を回避せよ。

今回は、LINEの新機能追加を取り上げました。LINEは便利なツールである反面、メッセージの削除が出来ないなど、やや不便な点もあったことは事実です。

ただ、メッセージの削除機能が付いてからも、できる限り誤送しないように気をつけていきましょう。

以上「上司や彼女へのLINE誤爆が削除できる!LINE、いよいよ誤送信のメッセージ削除機能が追加へ。」でした。