iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

LINEモバイルSIMエントリーパックが69%オフのセール中!契約事務手数料が無料になるエントリーコードでお得に格安SIMを使いましょう。

I'm trying LINE MOBILE Communication Free Subscription.

通常価格3,000円の「LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパック 」がセール中です。(2016年11月22日から開始)

LINEモバイル始めたかったけど、事務手数料が高いなぁと思っていた方にはお得なキャンペーンとなっています。

Amazonでセール開始!

「LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパック 」は、Amazonのタイムセールにて69%の値下げとなっています。

このパッケージにSIMが入っているわけではなく、パッケージ到着後にLINEモバイルを申し込みをし、その際にパッケージ内にあるエントリーコードを入力するという仕組みです。

エントリーコードって名前なのでピンときませんが、要はキャンペーンコードと同義だと思います。

ただし、LINEモバイル公式サイトからの購入の方がお得な場合も。

Amazonでエントリーコードを購入する方がお得と言いましたが、条件によっては本家サイトで購入した方が安くなってしまう可能性があります。

LINEの主な機能をカウントフリー(通信量無料)にしてくれる「LINEフリープラン」に加入したと仮定して、LINEモバイル公式サイトで契約した時とAmazonでエントリーコードを購入した場合での差額を考えてみましょう。

Amazonでエントリーコードを購入した場合(データ+SMS):
エントリーコード購入費用 990円
月額の通信費(1GB) 500円+120円(SMS代)
12ヶ月の合計通信費 8,430円
17ヶ月の合計通信費 11,530円

Amazonの場合、強制的にSMSがついてきます。そのため、最低料金で運用できる1GBの「LINEフリープラン」を選択しても、月額料金が620円になります。

LINEモバイルの公式サイトから購入した場合(SMSなし):
登録事務手数料 3,000円
月額の通信費(1GBプラン) 500円
12ヶ月の合計通信費 9,000円
17ヶ月までの合計通信費 11,500円


上記計算は、税別でユニバーサル料金は含んでいません。16ヶ月以内に解約予定の方は、Amazonでエントリーコードを買った方が安いという計算です。

しかし、17ヶ月以上使う予定がある場合は、下記のLINEモバイル公式サイトから申し込んだ方がお得と言えるでしょう。


もちろん、途中解約して、再度安い方で契約しなおすというのも手ではあります。しかし、面倒で解約する可能性が低い方は、最初からしっかり考えておいたほうが良いと思います。

2017年2月1日からSIMカード発行手数料がかかる。

Amazonの商品ページには、下記のような注意事項が記載されています。

2017/2/1お申込み分より別途400円(税抜)のSIMカード発行手数料がかかりますので、ご了承くださいませ

Amazonでエントリーコードを購入される方は、ご注意を。

今回は「LINEフリープラン」で比較しましたが、LINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータ消費ゼロになる「コミュニケーションフリープラン」というのはSNSを使いまくっている人にはありがたすぎるプランもあります。

料金プランの詳細などについては、下記のLINEモバイル公式サイトを確認してくださいね。


以上「LINEモバイルSIMエントリーパックがセール中!契約事務手数料が無料になるエントリーコードでお得に格安SIMを使いましょう。」でした。