iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

Apple、新型MacBook Pro(Late 2016)の不具合、今は修理不可能!?不具合の原因究明まで時間がかかる模様です。

MacBook-Pro-Touch-Bar-1

2016年末に発売された新型MacBook Pro(Late 2016)。たびたび不具合が報告されてきましたが、Appleは原因究明に至れず、2017年1月6日時点で修理受付をストップしているようです。

新型MacBook Pro(Late 2016)の修理はどんな場合でも不可能。

価格.comの掲示板に寄せられたレビューによると、MacBook ProのGPU不具合をAppleに相談したところ、修理はできないと言われたようです。

私の所有するMacBook Pro (2016年モデルMLL42J/A)でGPU不具合による画面表示の乱れ問題が発生しております。

これをアップルに相談したところ、原因特定がまだできておらず、現状は修理不可能と言われてしまいました。
それどころかこの問題の原因が特定できるまではこのモデル全ての修理受付をストップしているそうです。
例えばキーボードに水をこぼした、画面を破損した、などのGPUとは全く関係のない修理でも1/6現在受け付けてはもらえないそうです。

(引用元:価格.com - 『1/7現在 MacBook Pro 2016年モデルは修理受付不可』 APPLE MacBook Pro Retinaディスプレイ 2000/13.3 MLL42J/A [スペースグレイ] のクチコミ掲示板

GPUの不具合だけでなく、水没や液晶画面の破損であったとしても修理を受け付けてもらえないというのは、新型MacBook Pro(Late 2016)を使うなと言っているのに等しいでしょう。

制作していたデータが吹っ飛ぶばかりか、仕事が全くできない事態に追い込まれては、何のために新しくMacBook Pro買ったのかわからんわ!という怒りの声が聞こえてきそうです。

まとめ:一刻も早く原因究明を。

従来の初期ロットの傾向からしても、今回はかなりヒドイ状況ですね。これから新型MacBook Pro(Late 2016)を購入予定の方は、原因が特定されるまで待った方が良さそうです。

また、新型MacBook Pro(Late 2016)を現在使っている方は、修理に応じてもらえない状況であるということを念頭においたほうが良さそうです(2017年1月6日時点)。

新型MacBook Pro(Late 2016)をメインマシーンにするのを一旦やめて、予備の端末へ切り替えた方が良いかもしれません。

一刻も早い、原因究明が待たれます。

以上「Apple、新型MacBook Pro(Late 2016)の修理受付を停止中?原因が特定できておらず、修理不可能な状態に。」でした。*1

関連記事

今すぐにメインマシーンを買い替えたいなら、Apple直営の新中古Macが手に入る「整備済み品」を購入する手もあります。

Apple公式の整備済み品は、店頭商品、返品商品、初期不良品などを修理調整し、新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品なので、安心感がありますよ。

価格も抑えられているので、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。