りんごあつめ

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

明日発表されると噂の2018年版iPadってどんなスペック?!USB-C採用?値段が安いiPadになる?サイズやデザインなど予想してみた。

f:id:starline1201:20180326203142p:plain
3月27日発表されるか!Face ID 搭載iPad Proモックアップ via Ben Geskin

現地時間2017年3月27日(日本時間3月28日)に開催される、Appleスペシャルイベント

今回は教育に関する発表がメインと言われていますが、その中で新しいiPadが出てくるのではと噂されています。

そこで今回は、Web上の噂情報を基に、発表前にスペックを予測してみたいと思います。

新しい2018年版iPadはProではない?3つのポイント:

現在、iPadにはApple pencilに対応し、ハードウェア面のスペックも強化されたiPad Proシリーズと、Apple pencil非対応で、旧来のiPadの流れを組むiPad(以下、無印iPad)の2シリーズがあります。

では、今回発表されるのは、一体どちらのiPadなのでしょうか?

結論を言うと、今回新しくiPadが発表される場合、それはProではなく、いわゆる無印iPadとなる可能性が高いと思われます。

理由は至極単純で、主に以下の3点です。

1. 昨年(2017年)の同じ時期に現行の無印iPadが発表されている

昨年の同じ時期に現行の無印iPadが発表されており、毎年1回というiOSデバイスの基本的なモデルチェンジ頻度を考えると、そろそろ無印iPadがマイナーアップデートしてもおかしくありません。

2.iPad Proはプログラミング学習やOfficeソフトの利用にはスペック過剰

iOSで出来るような初歩的なプログラミング学習やOfficeソフトの利用では、iPad Proのようなハイスペック端末は必要ありません。

また、そうした端末が必要になる場合は、素直にMacBook Proなどを購入した方が、対応できるソフトウェアや作業内容の数を考えてもコストパフォーマンスが良いということになります。

3.各生徒に1台ずつといった大量導入を行う場合、安価な無印iPadの方が有利。

1クラス分だけ用意して、複数クラスの生徒で共有するにしても、一度に数十台のiPadを買う必要があります。それだけでも、結構な金額です。

ましてや学年全員に1台ずつ配るとなれば、授業料などを通して保護者に負担を求めるにしても、限度があります。

そうした環境では、高価なiPad Proよりも、安価な無印iPadの方が好まれるでしょう(少なくとも、必要スペックを満たしているのであれば)。

気になる2018年版iPadスペックを大予想:

さて、ここまで解説してきたiPadを取り巻く状況を見る限り、今回のイベントで新しいiPadが発表されるなら、無印iPadでほぼ間違いないでしょう。
そうなると、やはり気になるのが、そのスペック。
ここでは、各パーツ毎に、予想されるスペックを解説していきましょう。

ディスプレイ

ユーザーとしては、iPad Proに揃えて10.5インチ(inch)にして欲しいところですが、低価格を維持することを考えると、既存の設計をそのまま使える9.7inchになると思われます。

Appleとしても、本当は10.5inchに統一したいのだと思いますが、10.5inchの筐体はiPad Pro用Apple pencil対応ディスプレイを載せる前提で設計されている為、Apple pencil非対応の無印iPad用ディスプレイを単純にそのまま載せる訳にはいきません。

また、無印iPad用にProとは仕様の異なる10.5inchディスプレイを調達する必要も出てくるので、その点でも低価格路線とは相対するものとなります。

CPU

現行の無印iPadは、iPhone6s世代と同じA9プロセッサを搭載しています。年代でいえば、2015年のCPUを積んでいるということですね。

このA9プロセッサは決して悪い性能ではないのですが、既に登場から2年以上が経過し、そろそろ性能面で遅れが出始めていることも事実。

そう考えると、1つ新しい世代のA10(iPhone7と同世代)に切り替えても良さそうな頃です。

ちなみに、現行のiPad ProはこのA10の派生型であるA10Xを搭載していますが、Proの方も恐らく6月のWWDC前後に新型にアップデートされるでしょうから、今このタイミングで無印iPadがA10プロセッサを搭載しても、ラインナップ上は大きな問題にはならないと思われます。

RAM

コンピューターの性能を測る場合、計算能力に関わるのはCPUだけではありません。

私達人間も、何か作業をする時、狭い机よりある程度広さのある机の方が作業しやすいように、コンピューターもこの机に当たるRAMというパーツの容量が大きい方が、効率よく処理を進めることが可能です。

iOSデバイスの場合、AppleはこのRAM容量をあまり積極的には公開していません。

ただ、無印iPadの場合、現行品でも使用用途としては十分な量のRAMを搭載している為、今回も容量アップは行われない可能性が高いと思います。

ストレージ容量

現行の無印iPadのストレージ容量は、32GBと128GBの二択です。

こちらに関しても、私の調べた限りでは、容量変更に関する有力な情報は見つかりませんでした。

私個人の希望として、現行のiOSデバイスは最小ストレージ容量64GBの機種がメインになりつつあるので、32GBモデルに代わり64GBのモデルを用意して欲しいという思いはあります。

ただ、無印iPadはあくまで廉価版であって、あまりハードな使い方をすることは想定していないため、その点では現行のストレージ容量の構成でも、ユーザーとしては特段問題にはならないことも事実。

そうなると、iPad Proとの差別化も必要ですし、ストレージ容量のアップにはあまり期待しない方が良いでしょう。

筐体デザインやサイズ感

筐体デザインやサイズについては、現行の無印iPadをそのまま使ってくる可能性が高いでしょう。

コストダウンを目指すとなると、やはり筐体デザイン変更は大きなマイナスになりますし、そもそもiPadの筐体デザインはAir2以降(ディスプレイサイズを除いて)あまり大きな変更はされていないので、今ここで、無印iPadだけ変更するということも不自然です。

また、仮にデザインを大きく変えるとすれば、フラグシップのProシリーズが優先されるでしょうから、その点でも無印iPadのデザイン変更は可能性が低いでしょう。
ただし、現行の無印iPadのアクセサリー(スマートカバーなど)がそのまま流用できる保証はないので、その点は要注目と言えます。

USB-C採用の可能性はほぼなし?

iPadやiPhoneでは、充電やデータ通信用の端子としてLightningを搭載していますが、最近は新機種の噂が出る度に、USB-C端子が搭載されるのではないかと話題になっています。

ただ、これについては、何度も噂が出ては実際の製品発表で否定されていることに加え、AppleがLightningを推進する1つの理由として「MFi認証による低クオリティ製品の排除」を掲げている為、可能性はかなり低いと思われます。

仮に対応するとしても、それはProシリーズやiPhoneからで、無印iPadで先行して導入することは少々考えづらいというのが正直なところです。

まとめ:2018年のiPad、あなたはどんなiPadが欲しい?

f:id:starline1201:20170623232835j:plain

今回は「3月に発表されると噂のiPadとはどんなスペックになるのか予想してみた」と題して、新たに登場が噂されている廉価版iPadについて、そのスペックを予想してみました。

性能面では圧倒的にProシリーズが有利でしょうが、そちらはどうしても高価になってしまうのが弱点。

その点、無印iPadであれば比較的安い価格で導入できます。

まだiPadを試されていない方、あるいはAir2などからの乗り換えを検討されている方は、今回の発表は要注目かもしれませんよ。

ただし、今回必ず新しいiPadが発表されるとは限らず、6月に開催される「WWDC 2018」での発表になる可能性もあるので、その点は要注意。

なにはともあれ、発表予定まであと1日!あなたはどんなiPadだと思いますか?ぜひ予想してツイッターなどで教えてくださいね!

明日のApple発表会の模様は、情報が出て来次第、更新していきます!

以上「明日発表されると噂の2018年版iPadってどんなスペック?!USB-C採用?値段が安いiPadになる?サイズやデザインなど予想してみた。」でした。