iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

オススメの固定回線の選び方まとめ!光回線?CATV? 初心者向けに固定回線の選び方をやさしく解説してみました。

student_ipad_school - 225

今、みなさんはこの記事をどうやって読んでいますか?スマホ、タブレット、PCなどなど使う道具は色々ですが、いずれも共通するのが「インターネットに繋いでいる」ということ。

今回は、そんなインターネット回線の選び方についてのお話です。引っ越しなど新生活にはインターネット回線の見直しをされる方も多いかと思いますので、参考にしてみてくださいね。

スマホだけじゃ駄目?固定回線のメリットとは

My Home Office III

かつて、インターネットを利用するためには、自宅に固定回線を引いてPCなどを接続する必要がありました。

あれから20年。今では、スマートフォンやタブレット単独で、携帯電話回線を使って直接インターネットに接続できるようになっています。では、家庭用の固定回線は、もはや無用の長物なのでしょうか?

うちではPCも滅多に使わないし、固定回線って要るの?

そう思っているそこのあなたに、まずは固定回線のメリットをご紹介しましょう。

メリットその1:通信量制限がない

スマホやモバイルルーターの場合、多くは月◯GBといった通信量制限があります。皆さんの中にも、このリミットを超えた為に超低速回線となってしまった経験がある方も多いはず。

でも、固定回線の場合、余程大量の通信(例えば、一時期話題になったファイル交換ソフトの利用など)でも行わない限り、通信が規制されることはまずありません。この利点を活かして、自宅ではWi-Fi経由でスマホを固定回線に接続、動画やアプリのダウンロードを自宅で行うようにすれば、スマホの通信量を節約することも可能です。

自宅にPCがなくても、固定回線を導入するメリットはあるのです。

メリットその2:スマホの料金が割引になることも

ご利用中のスマホのキャリア(ドコモ・au・SoftBank等)と提携している固定回線を一緒に使うと、毎月のスマホ料金が割引になる事があります。1人暮らしだとそこまで大差を感じないかもしれませんが、家族で一緒に暮らしている場合、家族全員の割引額を足すと相当なものになる事も。

最近では、大手キャリアだけでなくMVNO(格安SIM)事業者でも割引サービスが広がりつつあるので、ぜひチェックしてみてください。

現在主流の固定回線の種類

f:id:starline1201:20170307134930j:plain

2017年現在、日本で主流となっているインターネットの固定回線は、光回線とCATV回線の2種類です。

光回線

インターネット用の光ファイバーを使った回線で、旧来の固定回線(ADSL等)と比較して、「高速」「大量のデータを安定して送れる」といった利点があります。

CATV回線

ケーブルテレビ回線を使ったインターネット接続方式で、こちらも光同様に旧来の固定回線よりも高速なことが特徴です。なお、価格は提供事業者やスマホ等とのセット割によっても違ってくるので、一概にどちらが安いとは言えません。

できれば、事前に幾つかの事業者で見積もりを取ってみたほうが良いでしょう。

光とCATVのメリット&デメリット

2195 : CATV

光回線とCATV回線には、それぞれメリットやデメリットがあります。ここでは一般的なものを中心にまとめてみました。

光回線のメリット

メリット1:NTTなど全国共通の事業者が多い

引越しの多い方でも長く使える可能性が高いのが光回線です。

メリット2:割引キャンペーンが多い

光回線は事業者間での競争が激しいので、その分値引きやキャッシュバック等のキャンペーンも頻繁に行われる傾向にあります。

メリット3:事前リサーチしやすい

全国共通の事業者が多いので、実際の使い心地などの口コミをリサーチしやすい傾向にあります。

光回線のデメリット

デメリット1:工事に時間がかかることがある

特に新規で光ファイバーを引き込む場合、1ヶ月近く待たされることもあります。

デメリット2:別途プロバイダー契約が必要になるケースが多い

フレッツ光の場合、回線提供者のNTTとは別に、プロバイダーとも契約を行う必要があります。

CATV回線のメリット

メリット1:プロバイダー一体型の事業者が多い

光回線と異なり、CATVは回線の提供者とプロバイダーが一体になっているケースが多くなっています。

メリット2:回線の混雑率が光より低い場合もある

全国規模の光回線事業者と比較すると、地域ごとに分かれているCATVの方が回線が混雑しにくい場合があります。

メリット3:テレビとのセット割引

CATVの本業はテレビ放送ですから、ネットと一緒に有料放送を契約することで、割引が受けられるケースも珍しくありません。

CATV回線のデメリット

デメリット1:最高速度が遅い

CATV回線は末端に同軸ケーブルを使っているので、戸建ての場合は光回線よりも遅くなります。ただし、集合住宅では、光回線でも末端に電話線やLANケーブルを使っていることが珍しくないので、必ずしも光に劣る訳ではありません。

デメリット2:地域制限がある

大手の光回線事業者は全国対応も珍しくないのに対し、CATVは本業のケーブルテレビサービスを提供しているエリアのみとなります。

今後、卒業や転勤で再度引っ越しが発生する場合、転居先がエリア外だと別の固定回線を再度契約する羽目になるので少々面倒です。

賢い固定回線の選び方

M, using iPad

ここまでで、光とCATVの特徴はお分かり頂けたかと思います。続いては、いくつかの候補の中から賢い回線選びを行う方法をご紹介します。

価格.com等でキャンペーンを調べる

ちょっと前までの携帯と同じように、固定回線でも店頭やWeb上で工事費無料やキャッシュバック等のキャンペーンが頻繁に実施されています。

店頭とWebの両方で比較できれば最適ですが、もしWebで申し込みまで完結したいという方は、価格.comでキャンペーン情報を調べてみるのがお勧め。

競合他社と簡単に比較ができるので便利ですし、それをプリントアウトして店頭で「もう一声!」と交渉してみるのも良いかもしれません。

スマホやガス等とのセット割があるか調べる

大手キャリア系の固定回線を中心に、スマホとのセット割引を提供している事業者も増えています。また、ガス会社などが自社のガス利用者向けに光回線とのセット割を提供しているケースもあるので、料金チェック時に合わせて調べてみましょう。

特にスマホ割引の場合、家族で同じキャリアを使っていると家族全体ではかなりの割引になることも珍しくありませんよ。

たとえば、上記のauひかりお申し込みサイトでは、先着50名に対し、au公式サイトよりお得になるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

auひかりの料金がすぐに見積りできる料金シミュレーションもあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

また、上記のサイトではソフトバンクユーザーがお得になるキャッシュバックキャンペーン中です。他社と異なり、オプション加入なしでキャッシュバックを最短2ヶ月後すぐに受けることができるので、ソフトバンクユーザーにうれしいですね。

Web上で口コミを調べる

ある程度候補を絞ったら、次はその回線やプロバイダーの口コミを調べてみましょう。こちらも価格.comやTwitterを使い、候補の事業者の名前で検索すればOK。

特にフレッツの場合、プロバイダーによって混雑具合に差があるので、事前のリサーチはぜひやっておきましょう。

新生活に向けて、固定回線の準備はお早めに。

student_ipad_school - 124


今回は春からの新生活に向けて、初めての方のための固定回線の選び方をまとめてみました。インターネットも今や大事なライフラインの1つ。

いざという時、通信制限でまともに使えないのでは意味がありません。ぜひこの機会に、固定回線の導入にチャレンジしてみてくださいね!

以上「オススメの固定回線の選び方まとめ!光回線?CATV? 初心者のための固定回線の選び方をやさしく解説してみました。」でした。