iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

SIMフリーiPhoneで使える、おすすめ格安SIMカードまとめ!MVNOで携帯電話料金を節約しよう。

Sim Tray

SIMフリーiPhoneと格安SIMでスマホ代を安く済ませたいけど、実際にどの格安SIMカードがiPhoneで使えるかわからないという方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、iPhoneで利用出来る格安SIM会社(MVNO)をまとめてみました。

【豆知識】格安SIM会社(MVNO)とは?

MVNO(エムブイエヌオー)とは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。NTTドコモやKDDIなどの大手携帯電話会社(通信キャリア)から回線を借りて、データ通信や音声通話サービス、SMSなどを提供する携帯電話サービス会社のことです。

NTTドコモやKDDIなど大手携帯電話会社が提供しているプランに比べ、利用者が「ちょうどよい」と言えるプランが多く用意されています。格安SIMにしかできないデータ通信のみの契約などもあり、用途に応じてプランを選ぶことができます。

自分に合った使い方ができて、月額基本料金を低く抑えて利用することができるところが最大の魅力と言えます。

1:NTTドコモ系の格安SIMカード会社

http://www.flickr.com/photos/79370855@N04/8910164141
photo by Kouki Kuriyama

LINEモバイル

2016/10/01からMVNOに参入したLINEモバイル。LINEモバイルの目玉は何といっても「SNSのカウントフリー」プランがあることで、今最も注目の格安SIMと行っても過言ではないでしょう。

携帯料金を安く済ませたいのであれば、月額500円で、LINEアプリの通話・トークが使い放題になる「LINEフリープラン」がオススメです。さらに、LINE、Twitter、Facebook、Instagramをよく使うのであれば、これらのSNSアプリの使用データ通信料をカウントしない「コミュニケーションフリープラン」が良いでしょう。

一部の機能に関してはデータ通信料が発生してしまうのですが、基本機能に関してはデータ通信料がかからない仕組みになっています。

スマホの使い方として、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの利用がメインという方に、うってつけの格安SIMとなっています。

LINEモバイルLINEモバイル 

もちろん、音声通話SIMにすることも、契約データ容量を増やすこともできるので、上記の公式サイトで価格を確認してみてくださいね。

LINEモバイルのオススメポイントを上記記事にまとめてみたので、LINEモバイルについてサクッと情報を知りたい方はのぞいてみてくださいね。

IIJmio(アイアイジェー・ミオ)

iPhoneで格安SIMを使いたいなら、まずIIJmio。数ある格安SIMの中でも回線の信頼性が高く、品質に定評があります。

利用者の多い5社のMVNOサービスを比較した顧客満足度調査において、3年連続でNo.1に選ばれています。*1

初めての格安SIMで漠然とした不安を抱えていらっしゃるのであれば、IIJmioがオススメ。

個人向けSIM・インターネットサービスのIIJmio個人向けSIM・インターネットサービスのIIJmio

※2017年6月1日よりデータ通信量20GBと30GBの提供を開始

4月20日、IIJはIIJmioにおいて、大容量のデータ通信プランの提供を開始することを、プレスリリースを通じて公表しました。しかもオプション扱いになるので、既存の契約プラン(3GB、7GB、10GB)に対してデータ通信容量が追加される形になります。そのため3GBのプランに20GBのオプションをつけることになるため、合計の23GBがデータ通信として利用できるようになります。またこのオプションは、両方同時に加入できるので、合計50GBまで増加することが可能です。*2

DMMモバイル

DMMモバイルは「業界最安値水準」を明確に謳う格安SIM会社。競合他社が値下げすると聞けば、すぐに自社のプランの値段も変更するという徹底ぶりです。

さらに他社にはない8GBプランがあるのも、DMMモバイルの魅力。7GBでは足りなくて、データ通信速度が低速になってしまうけど、10GBだと余ってしまうという方に無駄を省いたプランを用意しているのも、DMMモバイルだけの心配りです。

格安SIMを選ぶなら、断然DMM mobileがおトク!格安SIMを選ぶなら、断然DMM mobileがおトク!

プランが激安な分、最低利用期間内の解約手数料が少し割高なのが玉に瑕ですが、とにかくスマホ代を安くしたいという方にオススメです。

OCNモバイルONE

NTTコミュニケーションズが提供する通信サービス「OCNモバイルONE」。「OCNモバイルONE」といえば、格安SIMの事業者別シェア第1位を連続で獲得*3したことがある、高い人気を誇る格安SIM会社です。

格安SIMはデータ通信量に注目が集まってしまいがちですが、OCNモバイルONEは通話に対しても充実したサービスを提供しています。

通常の音声対応SIMだけではなく、OCNが提供している050plusというIP電話アプリが、音声SIMを契約された方には月額基本料が無料で提供されます。音声対応SIMに割り当てられている携帯電話番号とは別に、050から始まるIP電話番号が新たに割り当てられます。

データ通信SIMで050plusを使った場合は、月額基本料金が324円となります。

相手がIP電話であれば、通話料が無料になるため使い分けることで通話も非常にお得に利用できます。

SIMフリー端末向け高速モバイルデータ通信! OCN モバイル ONE | NTTコムストア [個人向け]SIMフリー端末向け高速モバイルデータ通信! OCN モバイル ONE | NTTコムストア [個人向け]

AEON(イオン)モバイル

初めて格安SIMカードを購入するという人にとって、漠然とした不安が生まれがち。そんな時に活用して欲しいのが「イオンデジタルワールド」。

「イオンデジタルワールド」は、みなさんご存知の総合スーパーのイオンが手がけるデジタル機器販売に特化した部門のこと。お近くのイオン店舗でも修理受付や料金プランの変更などのサポートを行っているのが特徴です。さらに、イオンSIMはNTTドコモの回線を利用しているIIJ系なので、SIMフリー端末だけでなく、docomo端末であれば使えてしまうのが嬉しいところ。

さらにAEON(イオン)モバイルは「契約解除料なし、契約期間なし」という、他社にない独自のサービスを用意しています。携帯電話会社であれば、2年未満で解約してしまうと、契約解除料金がかかったりします。それがないだけでも、十分魅力的な格安SIM会社です。

初めて格安SIMを購入する場合は、サポート体制の厚いイオンで購入するのも一手かもしれません。人気のXperia J1 Compactなどの格安SIMフリー端末も販売しているので、一度スマホ代節約診断してみてはいかがでしょうか。

あなたに合ったプランを診断|イオンデジタルワールドあなたに合ったプランを診断|イオンデジタルワールド

楽天モバイル

MVNOの事業者の中でも異彩を放つのが楽天モバイル。安さや幅広いプランを展開しているのはもちろんなのですが、特筆すべきは楽天市場などと提携したサービス内容にあります。

楽天モバイルでは、ついに携帯電話会社と同じ通話し放題のプランを2017年4月24日から提供を開始しました。それが楽天でんわかけ放題by楽天モバイルです。月額使用料が2,380円となりますが、通話をメインで利用している方でも、安心して利用できる格安SIMが登場したことになります。

格安SIM会社はどうしてもコストを省こうとするため、専門スタッフがいる店舗を持ちたがりません。しかし、楽天モバイルは、通常の携帯電話会社と同じように実店舗を持っています。何か設定で困ったり契約や利用料金のことで相談したいことがあったりする場合は、楽天モバイルなら数日も待たされることなくすぐサポートが受けられます。

新規加入の際だけではなく、楽天モバイル契約中の方でも参加できるキャンペーンを頻繁に行っているので、楽天系のサービスを日頃から利用して楽天ポイントを貯めている方は利用したい会社です。

楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM

U-mobile(ユーモバイル)

高速データ通信(LTE)を無制限で使うことができるプランを希望している方にピッタリなのが、U-mobile(ユーモバイル)。2016年1月29日現在、月2480円でLTEが使い放題になっています。データ通信制限があるからと格安SIMを諦めていた方にぴったりです。

そして業界初、ソフトバンク系格安SIMサービスも提供を開始した唯一の格安SIM会社です。

ユーモバイル 公式サイト |格安スマホ・SIMカードのU-mobile(ユーモバイル)ユーモバイル 公式サイト |格安スマホ・SIMカードのU-mobile(ユーモバイル)

DTI(株式会社ドリーム・トレイン・インターネット)

DTI SIMは「半年お試しプラン3GB データプラン・データSMSプラン」とい面白いプランを用意しています。半年間、月額使用料が実質0円で使えるので、DTI SIMを試してみたい人は、このプランを活用するのがオススメ。

初期手数料3,000円(税別)はかかるものの、半年間ユニバーサルサービス料の2円がかかるだけで利用できます。

通話やSMSなどを利用した際に発生する料金は支払いが必要になりますが、それが以外であれば2円で使えるなんて今まで格安SIMのキャンペーンを見てきた中でも例を見ないほど超お得です。

DTI SIM速度が心配という声が多いので、渋谷で計測した結果は下記の記事にまとめたので、気になる方はどうぞ。

iphone-news.hatenablog.jp


2:au系の格安SIMカード会社

au by kddi

現状、au系はこの3社のみ。一応知識としてau系のMVNOもあることを知っておいて欲しいと思いご紹介します。
ただ、au系のMVNOはiOSと相性が悪いと言われています。au系格安SIMの3Gの通信形式と合わない機種やOSのバージョンがあるためです。

お持ちのiPhoneモデルやOSのバージョンで格安SIMカードが使えるかしっかり調べればわかることなのですが、格安SIM初心者の方はNTTドコモ系の格安SIMを使うのが無難かと思います。

IIJmio(タイプA)

格安SIM会社でも、高い品質を誇るIIJからau回線を使ったIIJmioタイプAの提供が、2016年10月1日から開始されました。auの4G網を使った通信ができるので、高速かつ安定しています。

auのプランでも、iPhoneは利用できるので安心して契約してください。ただし、iOSのバージョンなど動作確認が取れているものが対象となるので、必ずホームページで確認する癖はつけておきましょう。

個人向けSIM・インターネットサービスのIIJmio個人向けSIM・インターネットサービスのIIJmio

mineo(マイネオ)

2015年9月から「マルチキャリアサービス」を利用できるようになったmineo。au回線を利用したプランとドコモ回線を利用したプランのどちらかを自由に選べる「マルチキャリアサービス」が特長です。

iPhoneを利用するエリアによって、通信速度が速く、つながりやすい回線を選べるのはメリットと言えますね。

mineoならあなたのスマホそのままで電話代が安くなる!|mineo(マイネオ)mineoならあなたのスマホそのままで電話代が安くなる!|mineo(マイネオ)

UQ mobile

高音質通話「VoLTE」対応SIMがあるUQ mobile。格安SIM「2015年度通信速度部門」で最優秀賞を受賞*4、さらに2016年には辛口批評誌「家電批評」格安SIM部門」で、ベストバイ・オブ・ザ・イヤーを受賞する品質の高い格安SIM会社と言えます。

UQ mobileオンラインショップ|格安スマホ・格安SIMのUQ mobileUQ mobileオンラインショップ|格安スマホ・格安SIMのUQ mobile 

3:ソフトバンク系の格安SIMカード会社が登場

SoftBank.

今まで格安SIM会社が借用していた回線はdocomoが多く、次にauの回線でした。そしてようやく、ソフトバンク系回線を利用した格安SIMが、U-mobileから登場しました。

開始されたU-mobile Sは、ソフトバンクで利用していたiPhone6s以前の機種でも利用できるため、片づけておいたiPhoneを再び利用することができるようになります。ただし音声通話のプランは用意されておらず、データ通信専用となっています。

そのためSMSサービスなども利用することができません。それでも、十分に魅力あるソフトバンク系格安SIMは、まだまだ他社から登場しておらず4月半ばの段階でもU-mobileの独占となっています。

家に眠っているiPhoneやiPadを再び復活させるチャンス到来です。

残念なことに、U-mobileから提供されたサービスはiPhoneとiPadの専用プランとなっています。ソフトバンクで発売されたAndroidスマートフォンは、動作対象外となっていますので契約する際は注意しましょう。

iPhoneに合うSIMカードサイズを選ばないと余計に費用が発生。

http://www.flickr.com/photos/74279471@N00/10624435616
photo by smjbk

いかがでしたでしょうか。携帯代の節約を考える上で外せなくなってきた格安SIMカード。蒸気の中であなたのスマホの使用用途に合ったものを選んでみてくださいね。

ちなみに、格安SIMカードには3種類の大きさがあります。そのうちiPhoneに使えるのは「nanoSIM」と呼ばれる、最も小さいSIMサイズとなっています。

iPhoneで格安SIMカードを使う場合、nanoSIMを選択してくださいね。間違えてしまうと、カードサイズ変更にお金がかかってしまうので要注意です。

カードサイズも含め、お持ちのiPhoneモデルやOSのバージョンで格安SIMカードが使えるか、カードのサイズは間違っていないかをしっかり確認した上で契約してくださいね。

以上、「SIMフリーiPhoneで使える、おすすめ格安SIMカードまとめ!MVNOで携帯電話料金を節約しよう。」でした。

さらにスマホ代を節約したい方へ。

なお、スマホ代を節約したいなら、格安SIMとあわせて中古iPhoneを購入するのも一手です。

上記の記事で白ロムiPhoneについてまとめたので、参考にしてみてくださいね。