iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。iPhone8予約に関する最新情報を中心に配信中。

ローズピンクと間違える人、続出中!iPhone6sのローズゴールドは一体何色なのかと私の中で話題になったので、Photoshopで採色してみた。

f:id:starline1201:20150911144732p:plain
新型iPhoneのiPhone6sから登場したローズピンクではなくローズゴールドは、Appleオンラインストアで見ると、結構きれいなピンクな様にも見えるし、黒っぽい銅の様な色にも見えます。そこで、ローズゴールドがカラーコードで言うと何色なのか気になったので、画像加工ソフトPhotoshopで採色してみることにしました。

結婚指輪や時計などでよく聞く「ピンクゴールド」って何?

http://www.flickr.com/photos/66497447@N00/3771267230
photo by victoriafee

ジュエリー通販サイト「BRILLIANCE+」によると、ピンクゴールドは、

銀と銅の比率が2:8、さらにパラジウムと微量の亜鉛を混ぜてピンク色を出したゴールドです。
(中略)
K18の場合、配合は金75%、割金25%が銅や銀、パラジウムなど、銅の割合によって赤味が増減します。
その可憐な色からローズゴールドと呼ばれることも。 *1

婚約・結婚指輪では「ピンクゴールド」と表示されることの方が多いのかもしれません。たしかに指輪を見ていると、このローズゴールドは人気のようで、どこでも置いてある印象。アクセサリーのローズゴールドは銅の赤みを調整して作られることに驚きです。

iPhone6sのローズゴールドは何色なのか?

f:id:starline1201:20150916130137p:plain
さて、iPhone6sの「ローズピンク」こと「ローズゴールド」がどんな色なのかを調べる、ここからが本題です。ローズゴールドと漠然と言われてもよくわからないので、画像編集ソフトPhotoshopでiPhone6s(ローズゴールド)の採色を開始します。

最も明るそうなところは「#f7c9c5」。

f:id:starline1201:20150916130132p:plain

最も明るそうなところを採色してみたところ、「#f7c9c5」と出ました。
Encycolorpediaによると、

十六進の色コード#f7c9c5赤色のとても明るい色合いです。光の三原色RGBにおいて色モデル#f7c9c5は96.86%の赤色、78.82%の绿色、77.25%の青色でできている。HSLで色彩空間#f7c9c5は4.8度の色調、75.76%の彩度、87.06%の明るさを有している。この色は約617nmの波長である。

と、赤色の明るい色だと出ました。密接関係にある色はBaby pink、Tea rose (rose)色なので、ほんわか優しいピンク色のようです。
f:id:starline1201:20150916151052p:plain

では次、暗い部分はどうでしょうか。

最も暗そうなところは「#8c5e5a」。

f:id:starline1201:20150916130149p:plain

最も暗そうなところは「#8c5e5a」。 浅滅紫(あさけしむらさき)色をさらに濃くした様な色に見えますね。
Encycolorpediaによると、

十六進の色コード#8c5e5a赤色の色合いです。光の三原色RGBにおいて色モデル#8c5e5aは54.9%の赤色、36.86%の绿色、35.29%の青色でできている。HSLで色彩空間#8c5e5aは4.8度の色調、21.74%の彩度、45.1%の明るさを有している。この色は約617nmの波長である。*2

とのこと。かなり暗めの赤であることがわかります。密接関係にある色の中には「Rose taupe色」があります。目視だと#8c5e5aは「Rose taupe色」に似てますね。
f:id:starline1201:20150916151233p:plain

ローズゴールドはダサピンク問題とは無縁のピンク

f:id:starline1201:20150916145427p:plain

採色した結果は、バラ色とピンクの中間?という感じの結果になりました。ピンクなことに間違いはありませんが、ダサピンク問題とはかけ離れた、男女から認められるピンク色ではないかと思います。

ダサピンク現象とは、はてなキーワードによると、*3

女性はピンクが好きなどの(男性側の)偏見によって(女性にとって)残念な商品が作られてしまう現象。

のこと。予約開始後すぐに在庫切れのような表示になったiPhone6sのローズゴールドには無縁のお話だったようです。

実際にAppleWatchのローズゴールドをAppleStore表参道店に見に行ってきたのですが、アクセサリーの「ピンクゴールド」や「ローズゴールド」より少し暗めのピンクという印象です。肌馴染みが非常に良く、AppleWatchSPORTながら、どんな場面にも合うような色でカジュアルさと上品さの中間のイメージを与えてくれます。(バンドカラーは「ラベンダー」)

指輪や時計のローズゴールドを見たことがない方は、銅色に明るさを加えた色を想像するといいでしょう。ビビッドなピンクではなく、落ち着いた上品な色合いのピンクなので、今回のiPhone6sはダサピンク問題にはひっかからない商品ではないでしょうか。

Appleに問い合わせたところ、「AppleWatchの新色ローズゴールドと同じ色という情報はありませんが、アルミニウムの素材も同じものになりましたし、(AppleWatchとiPhoneは)かなり近い色味であると思います。」ということなので、色味が気になる方はAppleStoreなどの実店舗に行かれてみて、実際に確認してみるといいかと思います。(ただし、在庫がないと見せてもらうことが出来ないようなので、Appleやソフトバンクのサイトから試着予約していかれることをおすすめします。)

以上、「ローズピンクと間違える人、続出中!iPhone6sのローズゴールドは一体何色なのかと私の中で話題になったので、Photoshopで採色してみた。」でした。