iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。

格安SIMは最強の節約術!私がSoftBankから格安SIMへ変更して感じたメリット・デメリット。

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6793826885
*1

今までソフトバンクのiPhone5を使ってましたが、毎月の料金が高く困り果てていました。

そこで、家計に優しい携帯代になること期待し、格安SIMへの変更を決意。

SoftBankはガラケーに機種変更しており、今はSIMフリーのPocket WiFiとiPhoneの2台持ちで活用しています。

今日は、格安SIMに変更して感じたメリットやデメリット等をここに挙げていきたいと思います。

格安SIMカードへ変更するメリット3つ

まずキャリア(ソフトバンク・ドコモ・auなど)から格安SIMカードを購入するメリットは主に3つ。

  1. 月額通信料金が安くなる。
  2. 2年縛りが無い。(プランによっては縛りがあるケースもあり)
  3. パケット通信量を選択できるので、状況・用途に応じたプランが組める。

2年縛りがあると、他の携帯会社に移りたいと思っても移動するには解約金などの手数料が1万円以上必要になります。

また、お子さんにプリペイド式の携帯を持たせたいという場合にも活躍してくれるでしょう。

さらに、格安SIMカードへ変更する、最も大きなメリットは「月額利用料の安さ」。

私がどれだけ月の携帯代を節約できたか、お見せしましょう。

私の場合、携帯代が月8000円弱も節約できた!

f:id:starline1201:20150221234720p:plain

(画像は12月時点の請求額です)

使っている機種等 変更前 変更後
ソフトバンク iPhone5 月額14,979円(12月) ガラケーに機種変更 月額3048円(1月)
Pocket WiFi(SIMフリー) Huawei製 GP02 SIMフリー購入(中古)2680円
SIMカード代 OCNモバイルONE 4G SMS対応パッケージ月額1566円
合計額 14,979円 7,294円

12月と1月の単純比較になりますが、7,685円も節約することに成功しました。

1ヶ月7,685円の節約ですが、Pocket WiFiは毎月かかるわけではなく一括購入なので、2月からは7685円+2680円=10,365円節約できることになる感覚です。

これが2年間続くとすると、差額は 10,365円×12ヶ月=124,380円です。

2年で12万円以上も節約できるって大きいですよね。これが家族分とかとなれば、20万円・30万円と変わってくる計算になります。

格安SIMカードへ変更するデメリット

http://www.flickr.com/photos/40045573@N03/6706798621
photo by bobsfever
携帯代を大幅に節約できるという大きなメリットがある一方で、デメリットもあります。

私が考える、格安SIMカードへ変更するデメリットは、以下の8つ。

  1. 端末を自分で調達する必要がある。(中古スマホ等)
  2. 申し込み時、クレジットカードが必要。(基本、クレジットカード決済。)
  3. キャリアメール(docomo- SoftBank- AU)が使えなくなる。
  4. LINE等の年齢認証ができなくなる。年齢認証は主にキャリアの携帯番号(docomo- SoftBank- au)が必要。*2
  5. docomoやSoftBankショップ等の店舗が無いので、端末が故障した時の対応や保証を受けるのが難しい。
  6. 通信速度にバラつきが生じる可能性がある、場所や時間帯によって通信速度が変わる。
  7. モバイルWi-Fiルーターで格安SIMを使うとなると、2台持ちになる。
  8. 端末によっては、テザリングが出来ない。

大まかにメリットとデメリットを上げましたが、デメリットの方が多いと思います。

細かいことがわからないから不安。と思われる方は、まだキャリア(ソフトバンクやドコモ、au)のスマホや携帯を持っていた方が良いでしょう。

しかし、キャリアのスマホを2年間使う場合と格安SIMで使う場合の料金差は歴然ですから、乗り換えてよかったと思います。

格安SIMカードへ変更する際のまとめ

http://www.flickr.com/photos/20927180@N07/4504547877
photo by Blixt A.

ここまで格安SIMカードへ変更するメリット・デメリットを簡単にまとめてきました。

そこから考えてみると、格安SIMカードへの変更は、こんな方にオススメです。

  • 普段通話をしない方やアプリで代用(LINEやカカオトーク- 050Plus- Viber等)できる方。
  • キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)を使わない方。
  • 自宅にWi-Fiとネット環境がすでにある方。
  • 動画は自宅で観ると割り切れる方。
  • 故障など起きてもキャリアショップに頼らず、自分で解決できる方。
  • 端末の初期設定(APN設定等)も自分で設定できる方。

上記に該当できる方は乗り換えても大丈夫だと思います。

ある程度知識は必要かと思いますが、それさえ克服できれば月額1万円ほどコストを削減する事ができます。

スマホ・携帯維持費でお悩みの方は検討してみてはいかどうでしょうか?

おすすめの格安SIMはこちらをご覧下さい。

*1:photo by 401(K) 2013

*2:「SMS(ショートメッセージサービス)対応」のSIMカードを使用すれば、認証の手続きができます。