iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Appleの最新情報をお届けするITメディアです。

iPhone6(SIMフリー版 )を安く買う、たった5つの方法。海外のSIMフリー版iPhone6を買うのにも落とし穴がありますよ。

http://www.flickr.com/photos/41894175230@N01/1358352889
photo by JackSim

来年頭に海外に行く予定なので、どうしてもSIMフリー版 iPhone6を6を手に入れたいと思っていた矢先に、販売停止の情報が。実際にAppleのサイトを見てみると、「出荷予定日:現在ご利用いただけません」の悲しい文字が掲載されていました。そこで今回は、日本のAppleオンラインストアを介さずにSIMフリー版のiPhone6を安く買う方法を5つご紹介します。

iPhone6sSIMフリーの価格に関しては、こちらに記事にしました。参考にしてみて下さい。

正攻法編:オークションなど通販サイト利用

Yahooオークションで購入する

まず一番最初に思い浮かんだのはこちら。Yahoo!オークションで激安iPhone6を見つけるという方法。早速、iPhone6で検索してみると、かなりたくさんのSIMフリー版iPhone6が売られていました。

f:id:starline1201:20141211001631j:plain
f:id:starline1201:20141211001647j:plain

高いものでですが、だいたいの平均金額は10万円ちょっとで落札されているものが多い感覚です。AppleオンラインストアでのiPhone6(16GB)の価格は¥75,800 (税別)ですから、ヤフオクの方がお高め。しかし、もう日本のAppleオンラインストアで手に入らない可能性があるとなると、妥当な金額なのかもしれません。

iPhone6s(名称は私の予想でつけています。)などが発売されて、iPhone6の需要が落ちてきた頃になれば値段が下がるかもしれませんが、あと半年以上待たなくてはいけないので、現実的ではありませんね。

また、どれとは言いませんが、明らかな偽物が売られているのもチラホラ見受けられたので、購入する際は注意が必要です。

  • メリット:安く買える可能性がある。正規品であれば、(法的に)安全に使えるものが買える。
  • デメリット:非正規品かどうか、自分で見極める必要がある。

SIMフリー版 iPhone6|Yahoo!オークションSIMフリー版 iPhone6|Yahoo!オークション

Amazonで購入する

意外なことにAmazonでも購入できました。かなり驚きです。(業者が出店できるんだから、当たり前っちゃ当たり前なんですよね。)ただし、こちらもヤフオクと同様に偽物をつかませるような業者がいるので、正規品を見極める目が必要になってくる模様です。id:shimobayashi さんはヘッドフォンの偽物が送られてきた結果、Amazonマーケットプレイス保証の対象と認定され、返金されたとのこと。

偽物である証拠を購入者側が離床しなくてはいけないのがネックではありますが、中身がアンドロイドだった等の客観的な理由はiPhoneの場合、挙げやすいとは思います。ヤフオクと値段を比較して、安くて安全と判断できる方を購入できるのが良いですね。

[asin:B00NRX6U2E:detail]

  • メリット:安く買える可能性がある。正規品であれば、(法的に)安全に使えるものが買える。
  • デメリット:非正規品を自分で見定める必要がある。

他国のAppleオンラインストアで購入する

使う国が限られているのであれば、購入時の費用を抑えられるので、ベストな方法だと思います。ただし、海外のAppleストアで買ったiPhone6の正規品だとしても、日本に持ち帰って使うのは結構至難の技だったりします。その理由は1つ。法的な問題で、購入したiPhone6が違法となってしまう可能性があるからです。

実は、日本国内では「技適マーク」と呼ばれるマークがついていない電波を扱う機器を使用することは違法とされています。詳しくは別途記事にしたので、下記の記事をご覧ください。

日本向けに作られているiPhoneには、もちろん「技適マーク」がついていますが、海外向けのiPhoneはこのマークがついていない規格のiPhoneも存在します。「技適マーク」を確認したい方はiPhoneの[設定]→[一般]→[認証]から見られるので、探してみてください。

ちなみに、総務省 電波利用ホームページ*1には、技適マークについて下記のように記載されています。

Q3 技適マークが付いていないけれど、どうすればいいのですか?
A: 技適マークが付いてない無線機を使用すると電波法違反になる場合があります。
詳しくは、最寄りの総合通信局へお問い合わせ下さい。

とあります。下記の写真は、iPhone6の技適マークが閲覧できるページのスクリーンキャプチャーです。

f:id:starline1201:20141210220942p:plain

実際に週刊アスキーの記者さんがパリでiPhone5sを購入した際に技適マークがあるか確認していますが、SIMカードを差し替えるなどしても日本の技適マークは出てこなかったようです。*2

使いたい国でiPhoneを購入し、その国で使用するのは問題ないでしょう。しかし、日本国内で使う目的で海外版SIMフリーiPhone6を買う場合は、あまりお勧めしません。

中古iPhone販売会社でSIMフリーiPhone6を購入する

http://www.flickr.com/photos/36612355@N08/6126924057
photo by European Parliament

中古iPhoneの販売業者もかなり数があり、ピンキリです。中古iPhone販売会社のまとめを作りましたので、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

裏技編:AppleOnlineStore(日本)で、SIMフリーiPhone5sを購入

f:id:starline1201:20141211004013p:plain
Iphone6、iPhone6プラスの販売を停止しているAppleですが、実は、iPhone5sの販売は継続しています。そこで、SIMフリーiPhoneを国内でも海外でも安全に使いたいという方は、iPhone5sのSIMフリー版を購入するのが良いのではないでしょうか。

番外編:SIMフリースマホ購入後のSIMカードの選び方

http://www.flickr.com/photos/74279471@N00/10624435616
photo by smjbk

SIMフリーの端末を使う場合は、月々の携帯代も安く済ませたいですよね。ただ、SIMカードを選ぶのには、幾つかのコツというか、選定ポイントがあります。

私が考える選定ポイントは以下の3つ!

1:通信速度

格安SIMの通信速度は、主に「高速(75Mbps以上)」と「低速(200kbps前後)」の2種類に分けることができます。大手キャリアと同等の速度を求めるのであれば、高速をおすすめします。

2:様々なオプション

実はこのオプションが結構重要なんです。オプションで主に選ぶ必要があるのは、以下の5点。

  1. 音声通話の可否
  2. SMS利用の可否
  3. データ量追加の有無
  4. MNP(番号ポータビリティ)対応かどうか
  5. 複数枚のSIMカード対応の可否

特に通話ができるかどうかというのは、重要ポイント。ガラケーとの2台持ちする方は、データ通信だけで済むので選べるSIMカードの幅が増えます。

3:月額費用

データ通信のみのSIMカードであれば、1000円以下のものが結構あります。例えば、パナソニックのSIMカードは2015年3月末までの期間限定で月額700円で(2GB)データ通信のみのプランを発表しています。

しかし、音声通話も必要であるとなると話は別。2015年2月8日現在、月額料金は1,000円以上のプランしかありません。それでも大手キャリアの通信費用と比べれば、月額通信費を抑えることができるでしょう。

まとめ:SIM端末もSIMカードもお得に賢く購入しましょう。

http://www.flickr.com/photos/47778386@N00/3169457267
photo by kiwanja

いかがだったでしょうか?iPhone6のSIMフリー版が販売休止となっていますが、再販売されることを信じたいですね。

追記:iPhone6(SIMフリー版)が再び販売開始しました!

http://www.flickr.com/photos/89054436@N02/15907205397
photo by wkc.1

2015年3月31日にAppleからiPhone6、iPhone6プラスともに再販売が開始されました。(2015/3/31時点)今回は円安の影響を受ける形で以前より1万円ほどの値上がりとなったようです。ソフトバンク、auなども今後本体代金を値上げしていくようなので、携帯代を安くするためにもSIMフリーiPhone購入の波が押し寄せそうですね。

ちなみに、5月以降に在庫薄になる可能性を考慮して、私もSIMフリーiPhoneをAppleオンラインStoreで購入しました。購入を検討していた時、Amazon、価格.com、AppleStoreなどを比較検討した結果、最も安く保証が付いているのがAppleオンラインStoreだったからです。携帯代を気にされる方は検討をお勧めします。*3

追記:iPhone6s(SIMフリー版)も発売決定!

さらに、2015年9月10日にiPhone6sの予約開始日が2015年9月12日午後4時01分からと発表されました。iPhone6sについては3D Touchが搭載されたり、新色ローズゴールドが登場したり、A9チップが内蔵されて70%もスピードが早くなると言われたりするなど、大きな進化が見られます。

価格はこちらの記事に記載したので参考にしてみて下さいね。

関連記事:自分に合ったお得な格安SIMカードを選びたい方へ。

SIMフリーのiPhoneを買うからには、なるべく安く格安SIMカードを契約したいところ。
iphone-news.hatenablog.jp

上記にSIMフリーiPhoneに合うMVNOをまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

特に海外でSIMフリー版スマホに現地のSIMをさすことで、お得に便利にスマホを使うことが出来るので、ぜひ自分に合ったSIM端末とSIMカードを選んでみてくださいね。

以上、「iPhone6(SIMフリー版 )を安く買う、たった5つの方法。海外のSIMフリー版iPhone6を買うのにも落とし穴がありますよ。」でした。