iPhone最新情報

iPhone SE/iPhone 7 ・7 Plus / MacBook Air / MacBook / MacBook Pro /iMac/iPad mini / iPad Pro/Apple WatchなどAppleの最新情報をお届けするITメディアです。

え!私のスマホが違法!?技適マーク無しのスマートフォンを使っているのがバレたら、罰則はあるの?

Bluetooth Fail

iPhoneやiPadなど、Apple製品を使う上で便利な存在が「Bluetoothデバイス」。キーボードやイヤホンなどを手軽に無線接続できるので、活用しているという方も多いハズ。

でも、気をつけないと使っただけで違法になることもあるって、知ってました?今回はそんな「無線接続のトリビア」をご紹介しましょう。

海外サイトでスマホを買っている人も、知らないうちに違法行為をしている可能性もあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

とっても大事な電波のルール

Untitled

人間の目には見えませんが、私達の周囲はさまざまな電波が飛び交っています。例えば、

  • 携帯電話
  • テレビ
  • ラジオ
  • Wi-Fi
  • Bluetooth

ざっと挙げるだけでもこんなにあります。更に街へ出れば、タクシーや消防車など、専用の無線を使っているケースは数え切れないほどです。そうなると、電波もきちんと利用のルールを定めて交通整理してあげないと、車と同じで渋滞や事故を起こしてしまいます。

そこで、日本では「電波法」という法律を定め、それに沿って無線機器を使うというルールになっているのです。

ルールを守っている証明書「技適」

電波法では、電波の強さなど一定の条件を満たす無線機器の使用には、さまざまな制限が課せられています。その1つで、主にWi-FiやBluetooth、携帯電話通信などに対するルールが、ここで取り上げる「技適」です。

通常、日本国内でこうした無線機器を販売する場合、予めメーカーが専門の検査機関に製品を渡し、技適のルールに反していないかの審査に合格してから販売されます。この時、合格の証として表示が許されるのが「技適マーク」。

郵便のマークに似た形をしていて、このマークが表示された機器であれば、日本国内で合法的に利用することができるのです。

上写真は日本版iPhone7の認証ページです。しっかり郵便のマーク「〒」に似たマークが表示されているので、日本国内で合法的に使用できます。

お持ちのスマホや携帯、「技適マーク」ちゃんと付いてますか?

Close up person using smartphone

技適に合格した製品には、本体の表面、もしくは画面上に技適マークが表示されています。マークが表示された製品を使う分には、なんの問題もないので安心して大丈夫です。

注意が必要なのは、技適マークがない製品。技適の対象となるのは一定の条件を満たした機器なので、その条件に当てはまらない機器は技適マークがなくても問題ありません。

しかし、殆どの場合、その製品は技適マークが必要な製品か否か、素人には区別が付きません。

そして、技適の対象製品であるにも関わらずマーク未取得の製品を国内で使用した場合、なんとユーザーが電波法違反に問われてしまうのです。

電波法違反になった場合の罰則は?

では、技適マークのついていない機器を使った場合、どうなってしまうのでしょうか。総務省の公式サイトに下記のようなQ &Aが記載されています。

Q5 技適マークが付いていない無線機を使用したらどうなりますか?
A: 一部の無線機を除いて、技適マークが付いていない無線機を使用すると、電波法違反になる恐れがあります。(中略)
(免許を受けずに無線局を開設若しくは運用した場合は電波法違反となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象となります。また、公共性の高い無線局に妨害を与えた場合は、5年以下の懲役又は250万円以下の罰金の対象となります。)

つまり、技適の対象であるにもかかわらず、技適マークがない無線機器を使用することで電波法違反になり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象になりえてしまうのです。

Bluetoothイヤホンや並行輸入品スマホなどを購入する際には、技適マークがあるのかしっかり確認しましょう。

技適未取得の製品も簡単に買えてしまう

Money Hand Holding Bankroll Girls February 08, 20117

「でも、日本で売ってる製品なら安心でしょ?」

と思っていると危険な目に会ってしまうかも。ネット通販サイトなどで扱っている製品の中には、海外で製造された技適未取得の物をそのまま売っているケースも珍しくないのです。油断は禁物。

現状では技適未取得の製品を販売しても販売者側はお咎めなしなので、安価な製品を中心にこうした事態が起こっているというわけ。購入時には注意が必要です。

どうやったら安心して買えるの?

One of the rare non-Apple laptops seen in an otherwise cool park full of cool people

技適マーク未取得の物を間違って買わないために、ユーザー側ができる対策をご紹介しましょう。

量販店の店頭で購入する

一番安全なのは、量販店に出向いて、そこで売っている商品を購入する方法です。量販店の場合、きちんとした仕入れルートを持っている為、技適未取得の商品が混ざるケースは限りなく低いと思われます。

また、店員さんにきちんと確認して買えるという利点もありますね。

国内メーカー製品を買う

海外製造でも、メーカーが日本企業であれば技適未取得となるリスクは低いでしょう。

販売サイトで質問する

ネット通販サイトの中には、販売者に質問できるスペースを用意していることもあります。そうした場所を活用して、販売者に直接「技適取得の有無」を確認することが可能です。

ただし、相手が海外の販売業者だった場合、技適の存在を知らなかったり、こちらの質問の意図が上手く伝わらないこともあります。

また、サイトによっては販売者ではない第三者が、全く根拠のない情報をさも正しいかのように回答してくるケースも珍しくありません。

心配であれば、実店舗での購入か、ネット通販で購入する際には大手家電量販店の公式サイトから購入するのが良いでしょう。

まとめ:技適の存在を知っていれば危険も回避できる

CommScope Lifestyle Images 2

今回は、Wi-FiやBluetoothを使った機器について回る「技適問題」について取り上げてみました。すべての人が快適に無線通信を使うために、電波法や技適は欠かせない存在です。ただ、気軽にネットで技適マークのないスマホが公然と売買されていて、法律が形骸化しているような気もします。

訪日観光客等が日本国内に持ち込む携帯電話端末などに関しては、緩和措置が設けられました。しかし、日本在住の人にとっては別問題です。知らずに違法行為に手を染めないように、しっかり技適について理解しておくべきでしょう。

技適についてさらに詳しく知りたい方は、総務省の公式サイトで説明されていますので、こちらも確認してみてくださいね。


以上、『え!私のスマホが違法!?技適マーク無しのスマートフォンを使っているのがバレたら、罰則はあるの?』でした。

iPhoneを安く買う場合も注意。

以前、下記の記事にも書きましたが、iPhoneであっても、技適マークがなければ、日本国内での使用は禁止です。

iphone-news.hatenablog.jp

海外での使用目的で購入する分には問題ありませんが、日本国内で使う目的で中古iPhoneを購入する場合はご注意を。詳細は上記の記事を参照してください。