読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone最新情報

iPhoneSE・iPhone6s・iPhone6s Plusを予約・購入する方法や在庫入荷状況に関する記事を掲載。使用感レビューも。更にお得な購入方法や料金プランも解説!

So-net、データ通信量500MB未満を無料で使える「0 SIM」開始!煽りを受けて、デジモノステーションが高騰しています。

格安SIM・MVNO

http://www.flickr.com/photos/45093972@N08/5233304490
photo by So-net
So-netが毎月500MB未満のデータ通信量を無料で使用できる「0 SIM」(ゼロシム)の提供を開始しました。その仕組みと、お得に0SIMを使える方法をまとめてみました。

「0 SIM」(ゼロシム)とは?

「0 SIM」(ゼロシム)は、docomo系のMVNOサービスです。定額制ではなく、使用したデータ通信量によって段階制プランを取り入れているのが特長です。

「0 SIM」の仕組みは簡単。500MB未満であれば無料。500MB以上使う場合、100MBごとに100円ずつ課金され、2GB~5GBのデータ通信量を使用した場合は1600円の定額になるという料金体系になっています。(全て税別)

f:id:starline1201:20160127224323p:plain

ほとんどデータ通信量を使わないけど、予備で持っておきたいという方にピッタリのプランとなっています。

3ヶ月間連続未使用で自動解約。さらに初期費用もかかる。

このプランで気をつけておかなければいけないのは、重要事項説明書に「3ヶ月間連続未使用で自動解約される」との記載があるということ。SIMカードを複数持つ場合などは使用期間が空いてしまいがちなので、注意が必要です。

さらに、最初に3000円の初期費用がかかります。ちょっと格安SIMを試したい方には初期費用の3000円ってちょっとしたハードルになりますよね。

そこで、知っておいてもらいたいお得な情報があります。今なら初期費用を払わずに、この「0SIM」を利用できる可能性があるんです。

デジモノステーション高騰のカラクリ。

デジモノステーション 2016年02月号

実はこの「0 SIM」がデジモノステーション 2016年 2月号に付録として付いています。付録のSIMでは、500MB未満までデータ通信量無料に加え、初期費用が無料なんです!これはWEBで申し込むより、初期費用分3000円がっつりお得ということ。

ただし、古本販売側もこれをよく理解しているようで、現在SIM付きの雑誌が2000円以上の値が付いています。それにしても、WEBで申し込むより数百円はお得になるので、Amazonの在庫があればそちらを購入した方がお得ですね。

デジモノステーション 2016年02月号

デジモノステーション 2016年02月号


以上、「So-net、データ通信量500MB未満を無料で使える「0 SIM」開始!煽りを受けて、デジモノステーションが高騰しています。」でした。

このサイトに掲載している情報は、すべて更新日時時点での情報になります。仕様やサービス内容の変更により、最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。文章、画像等を含む、すべての著作物の盗用&不正利用を禁止します。運営維持のためにPRリンクを設置させていただいております。
© 2014-2016 iPhone saishinjyouhou , ALL RIGHTS RESERVED.