りんごあつめ

りんごあつめは、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系ブログです。たまにAndroidスマホの話題も。

Xperia XZ2 と iPhoneの比較まとめ!サイズ・重さ・画面サイズ・カメラ・イヤホンジャック・発売日など、気になる情報まとめました。

Xperia ZX2 の5色
2018年最新Xperia「Xperia ZX2」
iPhoneのフラグシップ機は毎年秋に発表・発売されるのが定番となりつつありますが、Androidはメーカーによりけり。

ただ、世界各地で行われている家電製品などの見本市で新型を発表するのは、割とよく見掛けるパターンです。

今回は、「MWC2018」という見本市(会場:スペイン・バルセロナ)で発表された、ソニーモバイルの新型Androidスマートフォン「Xperia XZ2」をiPhoneと比較して、その特色をチェックして行きたいと思います。

Xperia XZ2 と iPhoneを比較

Xperia XZ2 と似ているiPhoneは?

さて、まずは比較対象とするiPhoneを選ぶことから始めましょう。

今回、Xperia XZ2と比較するのは、画面サイズなど比較的サイズ感が近く、同じフラグシップ機でもあるiPhoneX及び8Plusと比べてみたいと思います。

ただし、iPhone側は昨年9月の発表、Xperiaは2月下旬の発表となっている為、5ヶ月程度の差があるので、単純な比較は出来ないという事をお含み置きください。

サイズと重量の比較

まず最初に気になるのは、手に持った時のサイズ感ではないでしょうか?

先にiPhone2機種の単純な本体サイズと重量を、Apple公式サイトのデータを元にご紹介します。

  • iPhoneX……143.6 mm*70.9 mm*7.7 mm(174g)
  • iPhone8Plus……158.4 mm*78.1 mm*7.5 mm(202g)

では、Xperia XZ2はどうなのでしょうか?ソニーモバイルの英語版サイトに仕様が掲載されていましたので、そこからデータを引用してみましょう。

  • Xperia XZ2……153mm*72mm*6〜11.1mm(198g)

Xperiaだけ厚みに幅があるのは、本体の背面が湾曲しており、場所によって厚みが異なる為です。

重量的には、XperiaはiPhoneXと8Plusの中間となりますが、実際にはかなり8Plusに近い重量感と言えるでしょう。

私は8Plusの重さに慣れている為何とも言えませんが、少しでも軽い機種が良いということであれば、Xperiaはやや不利な位置にいると考えられます。

一方、持ちやすさについては、背面が湾曲して手に馴染みやすいデザインになっている為、Xperiaはサイズの割に持ちづらさを感じにくい可能性が高いでしょう。

とはいえ、この比較はあくまで「何もケースを付けない状態」での比較。ケースを付けて運用する場合は、iPhoneもXperiaも単純な数値の比較とは違う使用感となる為、結果も変わってくるでしょう。

画面サイズはiPhone8Plusに近い感覚?

次は、スマートフォンの顔でもある画面サイズについて、両者を比較していきます。

iPhoneX 5.8インチ(解像度:2,436 x 1,125ピクセル)
iPhone8Plus 5.5インチ(解像度:1,920 x 1,080ピクセル)
Xperia XZ2 5.7インチ(解像度:2160 x 1,080ピクセル)

Xperia XZ2の数値上のサイズは、iPhoneXと8Plusの間にXperiaとなっていますね。

ただ、このうちiPhoneXは画面上部のノッチ部分が、Xperiaは画面下部の操作ボタン表示部が含まれている為、実際の表示領域はもう少し小さくなると考えた方が良いでしょう。

なお、画面の縦横比については、iPhone8Plusが従来の主流である16:9を採用したのに対し、iPhoneXとXperia XZ2は18:9かそれに近い縦横比の縦長画面となっています。

こちらは、最近のスマートフォンのトレンドで、ボディの横幅を抑えつつ大画面を得る為の方策と言えます。

ただ、YouTubeなど動画配信サイズの主流は16:9ですから、iPhoneXやXperia XZ2などの縦長画面のスマートフォンは、動画再生時にはその画面サイズを活かしきれないのが現状です。

カメラ性能

最近ではスマートフォンのカメラ性能が向上し、安価なデジカメを買うくらいなら、スマートフォンで十分という場面も増えてきました。

iPhoneもXperiaもカメラについてはかなり力を入れてきていますが、一体どちらが上なのでしょうか?

光を検知するセンサー数

まず、光を検知するセンサー数を表す画素数は、iPhone2機種が12Mピクセルに対して、Xperiaは19Mピクセルと、Xperiaの方が多くなっています。

その為、単純な画素数の比較だけで言えば、Xperiaの方がより高画質な撮影が可能なはずです。

ただ、実際の写真の画質は、レンズの明るさやソフトウェア処理など、画素数以外の部分が影響することもあるので何とも言えません。

ちなみに、暗所撮影で差が出るレンズの明るさに関しては、XperiaがF2.0なのに対し、iPhoneはXも8PlusもF1.8(広角側レンズ)となっており、室内や夜間撮影ではiPhone側が有利でしょう。

動画の表現力に舵を切ったXperia XZ2

さて、ここまでは静止画と動画共通の部分ですが、今回特に気になったのは、Xperia側の動画撮影性能。

例えば、Xperia XZ2では、iPhone以上に高性能な960fpsのスーパースローモーションや、4K HDR動画の撮影が可能となっています。

特に後者に関しては、従来の4K動画よりもより表現力の高い動画を手軽に撮影することが可能となる為、YouTuberなどの動画配信者にとってはかなり注目の機能。

スマートフォンでYouTuberデビューを考えている方にとっては、Xperia XZ2はとても良い選択肢となるかもしれませんね。

イヤホンジャック

一昨年のiPhone7シリーズ発表時、一番の話題となったのが、イヤホンジャックの廃止でした。

これにより、市場に一気にBluetoothイヤホンやLightning接続のイヤホンが増加したのは、記憶に新しいところ。

iPhoneは昨年の8シリーズとXで完全にイヤホンジャックを廃する方向を決定付けましたが、ライバルのAndroid側は、必ずしもそれに追従した訳ではありませんでした。

iPhoneに続きXperiaもイヤホンジャックを廃止

そんな中、Xperia XZ2ではイヤホンジャックを廃止。BluetoothとUSB接続に絞る方向へと舵を切りました。

ウォークマンなど音楽系に強いソニーが3.5mmジャックの採用を取りやめたことは、私としては少々意外でしたが、市場にBluetooth製品の増えたことから、廃止しても問題なく移行出来るという判断なのかもしれません。

もちろん、従来の3.5mmジャック接続のイヤホンやヘッドホンも、付属のUSB-3.5mm変換プラグを間に挟む事で使う事が出来るので、この辺りはLightning-3.5mm変換ジャックを用意したiPhoneと同じですね。

ただ、Xperiaの場合は、この変換ジャックを使う事でハイレゾ音源の直接再生も可能。

iPhoneの場合は、Lightning接続のハイレゾ再生用ヘッドホンアンプを別途用意する必要があるので、高音質の音楽を有線接続で楽しみたいという方は、Xperiaの方が持ち運ぶ物をよりシンプルにすることが出来るでしょう。

Xperia XZ2の発売日は?Xperia ZX2のシルバーモデル画像Xperia ZX2の発売日は?

ここまでご紹介した限りでは、音楽を楽しむ人だけでなく、動画配信を重視する人にもオススメとなる端末であることがわかりました。

気になるのは発売日。例年通りなら、今後行われるであろうキャリアの新モデル発表会や、ソニーが国内向けに行う発表会で正式なスペックや発売日等が発表されるかと思いますが、現状、私が把握している限りでは、まだ発売日は公表されていません。

日本での発売はもう少し先になりそうですが、発表を見る限り、スペック面に関してはとても楽しみな機種と言えるでしょう。

ただし、国内で発売される際は、キャリアの要望に合わせて仕様を変更してくる事もあるので、今回発表された仕様がそっくりそのまま日本向け端末に適用されるとは限りません。

日本での発売が発表された時点で、また再度スペックや機能面について詳しく記事にしたいと思います。それまでは、下記公式サイトで情報を確認してみてくださいね。

www.sonymobile.com

以上「Xperia XZ2 と iPhoneの比較まとめ!サイズ・重さ・画面サイズ・カメラ・イヤホンジャック・発売日など、気になる情報まとめました。」でした。