iPhone最新情報

iPhone最新情報は、iPhone・ MacBook ・iPad ・Apple Watchなど、Apple製品の情報をお届けするガジェット系のITメディアです。たまにAndroidスマホの話題も。

ワイモバイルって高校生や中学生でも契約できるの?未成年がスマホ契約時に必要書類と契約可能な年齢について調べてみた。

DoDEA Pacific Far East Junior Science and Humanities Symposium 2017

学年が上がったからiPhoneなどのスマートフォンが欲しい!とはいえ、毎月の通信料はなかなか高い…。

毎月のお小遣いから通信費を出すのであれば、出来るだけ安い会社を選びたいものですよね。

そこで今回は、格安でスマホが購入できると話題の「ワイモバイル」は中学生や高校生でも契約可能なのか、気になるポイントを調べてみました。

ワイモバイルでスマホを購入する際の条件とは?

f:id:starline1201:20180116154142j:plain

例えば、お店のポイントカードやCDレンタルショップの会員証などは、未成年でも特に問題なく作れるケースが殆どです。

しかし、スマートフォンの契約となると話は別。

毎月料金の支払いが必要になるだけでなく、犯罪に使われるケースなどもある為、成人しているかどうかを問わず、かなり厳しくチェックが行われています。

書類にたった1カ所記入漏れがあっただけでもアウト…なんてことも。では、ワイモバイルで契約する際に必要なものをチェックしていきましょう。

年齢制限はあるのか?

未成年の方が契約する場合、自分が名義人(=契約者)をしておきたいという方がいらっしゃいます。

ワイモバイルの場合、13歳以上の方であれば、親権者の名義ではなく、本人名義にて契約が可能です。逆を言えば、13歳以下の場合、親権者名義でしか契約できない仕組みになっています。

未成年が契約する時に必要な書類

Contract

未成年がワイモバイルで契約する際に必要な書類は、基本的にはこのような感じです。

1:本人名義のキャッシュカード及び通帳 or クレジットカード

口座振替で毎月の料金を支払う場合、こちらが必要になります。

契約時には必ず本人の「クレジットカード」か「キャッシュカード」もしくは、親権者の「クレジットカード」か「キャッシュカード」が必要になります。

高校生は本人名義のデビットカードを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらワイモバイルはデビットカードでは契約できません。クレジットカードかキャッシュカードを用意しましょう。

2:本人確認書類

運転免許証・日本のパスポート・顔写真付きマイナンバーカードなどが代表的なものです。

他に、健康保険証+補助書類(住民票など)もOKです。

なお、よく勘違いされるのですが、学校の学生証や生徒手帳は本人確認書類としては利用出来ません。

原付や車の運転免許を持っているという方や、海外旅行の時に作ったパスポートが手許に残っているという方なら、有効期限内であればそれを使うことが出来ます。

それ以外の書類は少しハードルが高いですが、補助書類の住民票などは進学や就職など今後も取得する機会が割と多いので、どこでどうやって取得するのか勉強も兼ねて調べてみるのも良いのではないでしょうか?

3:金融機関届け印

口座振替の場合、前述の銀行口座を作る際に使った印鑑を一緒に持って行く必要があります(違う印鑑だと、印影を照合した際にエラーで受け付けて貰えません)。

4:親権者同意書+親権者と契約者の関係を証明する書類

中学生や高校生の未成年の方は、スマートフォンを契約する際に親権者の方の同意が必要となります。

その同意の証明となるのが、親権者同意書。

ワイモバイルのHPからPDFファイルをダウンロード出来るので、こちらをダウンロード&印刷して、まずはご自身の親権者の方に必要事項をもれなく記入して貰いましょう。

ここで記入漏れやミスが1カ所でもあると、受付をして貰えないので、書いて貰った後もきちんと確認してくださいね。

加えて、ショップに出向く当日はこの同意書に加えて、契約者(あなた)と親権者の方の関係を証明する書類を一緒に提出する必要があります。

住民票か戸籍謄本でOKなので、こちらもあらかじめ役所で取得しておきましょう。

親がスマホ購入に反対。バレずに購入できるのか。

ちなみに、親御さんがスマートフォンの契約に反対しているからと言って、勝手に同意書を偽造して契約しようとしても、契約時にショップから親権者の方へ電話で確認するケースがほとんどなので無意味です。

後々後悔する自体になりかねないので、親としっかり話し合って親同意の上で購入しましょう。

親権者の方と一緒にショップへ行くと手続きがスムーズ。

High School Girl Not Allowed To Show Her Face

ここまで、未成年が1人でワイモバイルを契約するケースで、必要な書類等をご紹介しました。

しかし、実際のところは、こうした書類をチマチマ揃えて行くより、休みの日などに親権者の方と一緒にショップへ契約しに行く方が確実です。

親権者の方が一緒であれば、同意書を事前に書いて貰ったり、親権者との関係を証明する書類は必要なくなる為、1人で行くよりもずっと手続きが簡単になります。

ただし、その場合でも当然ながら契約者本人や親権者の方の本人確認書類などが必要となるので、そこは忘れずに持って行くようにしてくださいね。

まとめ:ショップに行く前に書類確認をしっかりしましょう。

今回は高校生でもワイモバイルで契約出来るのか?をテーマに、必要な書類や注意点を挙げてみました。

私も以前、別のキャリアショップに勤めていた友人に聞いたことがありますが、「親権者同意書の記入漏れや書類不足などで、受付が出来ずお帰りになる高校生のお客さんを何人もお見かけしています。」と言っていました。

事前にしっかりとした確認をしていればこうした事態は避けられますので、無駄足や二度手間を避けるためにも、ショップへ行く前にきちんと準備をしておいてくださいね。

※今回ご紹介した内容は、記事執筆時点(2018年1月14日)でのものです。必要書類などは予告なく変わることがありますので、最新の情報はワイモバイルのHPやショップへ直接ご確認ください。

以上「ワイモバイルって高校生や中学生でも契約できるの?未成年がスマホ契約時に必要書類と契約可能な年齢について調べてみた。」でした。